晴天下のバーレーン・インターナショナル・サーキットとF1マシン、2019年バーレーンGPにてcopyright Pirelli & C. S.p.A.

フェラーリが再び大差で最速…ホンダはフェルスタッペンが8番手 / F1バーレーンGP《FP3》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2019年F1第2戦バーレーンGP土曜3回目のフリー走行が現地3月30日に行われ、スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールが1分29秒569をマーク。これにセバスチャン・ベッテルがコンマ1秒差で続き、跳馬2台がタイムシート最上部を占拠した。

フェラーリは初日2回のセッションでもトップタイム。3番手につけたメルセデスAMGのルイス・ハミルトンとのギャップは0.765秒と大きく、マラネロのチームは全セッションで最速を刻み、日本時間30日(日)24時から行われる公式予選に向けて弾みを付けた。

ホンダ勢最上位はレッドブルのマックス・フェルスタッペン。1.390秒遅れの8番手でマシンを降りた。トロロッソのダニール・クビアトは10番手。全セッションでトップ10に入れ込み、好調をアピールした。ピエール・ガスリーは12番手とやや不安な仕上がり。アレックス・アルボンは17番手という結果となった。

グランプリ2日目を迎えたバーレーン・インターナショナル・サーキットは晴れ渡り、1時間のプラクティスは気温26℃、路面40℃のドライコンディションでスタートした。日没後の予選・決勝とはコンディションが異なるため、精力的に周回を重ねるチームはなく、チェッカー直前の路面温度が低下した頃合いを見て、各車ショートランを実施。タイムシートが大きく動いた。

4番手バルテリ・ボッタスに続いたのはハースのロマン・グロージャン。米国籍のチームは安定した速さを示し、予選Q3進出を現実的な目標に定めた。初日FP2で目を見張るスピードを示したルノーのニコ・ヒュルケンベルグは6番手。マシンに苦戦するチームメイトのダニエル・リカルドは16番手と、まだ勝機を掴めていない様子。

7番手はマクラーレンのランド・ノリス。またも先輩株のカルロス・サインツを上回ってみせた。初日FP2でウォーターリークに見舞われたアルファロメオ勢はキミ・ライコネンが11番手、アントニオ・ジョビナッツィが18番手タイムを記録した。

戦える状態でないマシンでのドライブを強いられているウィリアムズの2台が最下位。ジョージ・ラッセルが19番手、ロバート・クビサが20番手でセッションを終えた。レーシングポイント勢も苦戦必死か、ランス・ストロールが14番手、セルジオ・ペレスが15番手と、Q1敗退の可能性もありそうだ。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:29.569 15
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:29.738 +0.169 16
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:30.334 +0.765 10
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:30.389 +0.820 12
5 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:30.818 +1.249 14
6 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:30.910 +1.341 12
7 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:30.955 +1.386 15
8 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:30.959 +1.390 10
9 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:30.965 +1.396 14
10 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:31.173 +1.604 17
11 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:31.333 +1.764 21
12 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:31.392 +1.823 13
13 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:31.540 +1.971 13
14 18 ランス・ストロール レーシングポイント・BWT-メルセデス 1:31.618 +2.049 16
15 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント・BWT-メルセデス 1:31.638 +2.069 9
16 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:31.643 +2.074 11
17 23 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:31.679 +2.110 17
18 99 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:32.132 +2.563 21
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:33.387 +3.818 14
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:33.525 +3.956 13

コンディション

天気
晴れ
気温
26℃
路面温度
40℃

セッション概要

グランプリ名
F1バーレーンGP
セッション種別
フリー走行3
セッション開始日時

サーキット

名称
バーレーン・インターナショナル・サーキット
設立
2004年
全長
5412m
コーナー数
15
周回方向
時計回り

F1バーレーンGP特集