昼間のヤス・マリーナ・サーキットを走るウィリアムズのロバート・クビサとハースのロマン・グロージャン、2019年F1アブダビGPcopyright Pirelli & C. S.p.A.

2019年 F1アブダビテスト:担当ドライバーとスケジュールのまとめ

  • 最終更新:

2019シーズンの締め括りとなるF1公式アブダビテストが、最終戦終了後の12月3日(火)と4日(水)の2日間に渡ってヤス・マリーナ・サーキットで開催される。各チームはアブダビGP決勝レース終了後、そのまま現地に留まりテストに備える。テスト日程と担当ドライバーをまとめた。

2019 F1アブダビテスト開催日程

各日共に丸一日に渡ってテストセッションが開催される。両日ともに気温27度程度まで上昇する見通しとなっており、ドライコンディションとなる事が予想される。2020年仕様のピレリタイヤの評価を目的とした今回のテストには、全10チーム全てが参加する。

トロロッソ・ホンダとウィリアムズ、そしてハースの3チームは、セッションの一部を若手ドライバーに充てがう。レギュラードライバーで欠席が確定しているのはルイス・ハミルトン、ダニエル・リカルドの2名だ。

1日目 / 12月3日(火)

トロロッソ・ホンダは、インドネシア出身のショーン・ゲラエルを、ハースはテストドライバーのピエトロ・フィッティパルディを、そしてウィリアムズはロイ・ニッサニーを起用する。

ニコ・ヒュルケンベルグに代わって来季ルノーのシートを得たエステバン・オコンは、2日間全ての走行を担当する。

Team Driver
メルセデス バルテリ・ボッタス
フェラーリ セバスチャン・ベッテル
レッドブル マックス・フェルスタッペン
トロロッソ・ホンダ ショーン・ゲラエル(午前)
ダニール・クビアト(午後)
マクラーレン ランド・ノリス
レーシングポイント セルジオ・ペレス
ウィリアムズ ジョージ・ラッセル(午前)
ロイ・ニッサニー(午後)
ルノー エステバン・オコン
ハース ロマン・グロージャン
アルファロメオ キミ・ライコネン

F1アブダビテスト初日結果

2日目 / 12月4日(水)

ジョージ・ラッセルはこの日、メルセデスW10をドライブする。その代わりにウィリアムズは、ロバート・クビサの後任として来季デビューを果たすニコラス・ラティフィにFW42のステアリングを託す。

Team Driver
メルセデス ジョージ・ラッセル
フェラーリ シャルル・ルクレール
レッドブル アレックス・アルボン
トロロッソ・ホンダ ピエール・ガスリー
マクラーレン カルロス・サインツ
レーシングポイント ランス・ストロール
ウィリアムズ ジョージ・ラッセル(午前)
ニコラス・ラティフィ(午後)
ルノー エステバン・オコン
ハース ピエトロ・フィッティパルディ
アルファロメオ アントニオ・ジョビナッツィ

テストに関するルール

テスト回数や期間などについては、スーポーティング・レギュレーションによって細かく規定されている。多少マニアックではあるが、無駄で官能的な知識を求める熱狂的なF1ファンの方は、是非「F1レギュレーション-テスト編」を参照されたい。

F1アブダビGP特集