セルゲイ・シロトキンcopyright Williams

セルゲイ・シロトキン

  • Updated:

人物データ

名前
セルゲイ・シロトキン / Sergey Sirotkin
国籍
ロシア
出身地
モスクワ
生年月日
1995年08月27日 / 24歳
身長
184cm
体重
71kg
SNS

セルゲイ・シロトキン(Серге́й Оле́гович Сиро́ткин)は、ロシア・モスクワ出身のレーシングドライバー。2014年にザウバーからのF1デビューが噂されていたが叶わず、2016年にルノーF1のテストドライバーに就任。2018年にウィリアムズF1のレギュラーシートを獲得するも1年でF1を離れる事となった。

シート喪失の理由について後援者SMPレーシングのボリス・ローテンバーグ最高経営責任者は、ウィリアムズのパフォーマンス不足とマシン開発力の低さを挙げ、自ら契約更新を辞退したからだと主張。最終的に、2019年はSMPレーシングからWEC世界耐久選手権に参戦する事が発表された。

父は、ロシア国立航空技術研究所の所長オレグ・シロトキン。ロシアの大実業家にしてウラジミール・プーチン大統領の友人ボリス・ロマノヴィチ・ローテンベルクが所有するSMPグループの支援を持つ。F1デビューに際しては、約1500万ドル(約17億円)と噂される持参金を用意したとされる。

シリーズ王者となったのは、ユーロノバ・レーシングから参戦した2011年のフォーミュラ・アバルト・ヨーロピアンのみであり、金でF1シートを得た所謂ペイドライバーと見なされている。

主なキャリア

SMPレーシングプログラムの一員として、2015年のGP2に参戦し139ポイントを獲得、チャンピオンシップ3位に輝いた。2016年にはルノー・スポールF1のテストドライバーを務めながら、GP2シリーズで年間2位を手にした。2017年は、ルノーF1からフリープラクティスで4回出走、バーレーンテストにも参加しF1での貴重な経験を積んだ。

2008年
13歳の時にカートからレースキャリアをスタート
2011年
Formula Abarth Euro titleに参戦
2012年
AUTO GPに参戦、2勝を挙げシーズン3位
イタリアF3参戦
2013年
フォーミュラ・ルノー3.5に参戦、シーズン9位
2014年
ザウバーF1のテストドライバーに就任
2015年
ラパックスからGP2に参戦、シーズン3位
2016年
ルノーF1のテストドライバーに就任
ARTグランプリからGP2に参戦、シーズン3位
2017年
ルノーからバーレーンテストに参加
ル・マン24時間に参戦、総合33位
ART GPからF2に参戦、年間20位
2018年
ウィリアムズからF1デビュー
2019年
SMPレーシングからWEC初参戦
ルノーF1のリザーブドライバー
2020年
ルノーF1のリザーブドライバー