ブルーフラッグcreativeCommons =IcaruS=

青旗 / ブルーフラッグ

  • 最終更新:

青旗ブルーフラッグとは、後方から速いマシンが近づいていることを走行中のマシンに対して知らせるために振る旗のこと。文字通り青い色をした旗を振る。ブルーフラッグを振られたマシンは、周回遅れにしようとしている後方からのマシンの為に進路を譲らなければならない

最近のF1ルールでは、ブルーフラッグは周回遅れのマシンとのギャップが1.2秒以内となった場合に提示され、提示されたドライバーは3区間以内に進路を譲らなくてはならならず、無視するとペナルティの対象となる。

カモーン!!!ブルーフラッグ!!

コンマ数秒の先頭争いをしているドライバーにとっては、如何にタイムロスなく周回遅れを追い抜いていくかが大きく順位を左右する。そのためレース中にはオフィシャルに対し「速くブルーフラッグを出せ!」と怒りを露わにするドライバーや、ブルーフラッグが提示されているにも関わらず中々道を譲らないドライバーに講義する場面が頻繁に登場する。そんなドライバーの筆頭はセバスチャン・ベッテル。「Come On! Blue Flag!!」と連呼する彼の声が無線で鳴り響くことは珍しいことではない。

ブルーフラッグなんか知ったこっちゃねぇぜ!

ただTVなどで観戦していると、誰に対してブルーフラッグが振られているのかよくわからんので、ドライバーも「ん?俺?誰?」みたいな感じになりはしないかと思ってしまうのだが、実際の所どうなんですかドライバーの皆さん?

16年シーズンでは、ハースのエステバン・グティエレスがブルーフラッグが提示された際のアクションについて度々批判を浴びており、ブルーフラッグのあり方について疑問の声が相次いだ。2016年シーズン開幕当時のレギュレーションでは以下のように規定されていた。

  • ラップしようとするクルマに追いつかれた場合は前に行かせる事
  • 譲ろうとしないマシンにはブルーフラッグを提示する

そこで、批判の声を受けたFIAはこのルールを見直すことを決定。シーズン中に改定を行った。ルール見直し後のブルーフラッグ提示までの流れは以下のようになる。事前警告が発動されるのと、チームに対してドライバーが道を譲る旨の指示を義務付けたところがポイント。

  1. 後方マシンとの差が3秒以内の場合にオフィシャルが警告を発動
  2. 警告を受けると、チームはドライバーに道を譲るよう指示
  3. ブルーフラッグが提示

「史上最悪のブルーフラッグ無視」

ロマン・グロージャン(ハース)は2018年 第15戦F1シンガポールGPで、青旗=ブルーフラッグが提示されたものの再三に渡って無視。その結果、5秒ペナルティとスーパーライセンスに付帯するペナルティポイント2点が科される事となり、レース出場停止処分に王手をかけた。

被害者はポイントリーダーのルイス・ハミルトン。ポールから隊列をリードしてきたハミルトンがグロージャンをラップダウンしようと後ろに付くも、セルゲイ・シロトキン(Williams)と14番手を争っていたグロージャンはこれを無視。前を塞がれたハミルトンは、2番手を走行していたマックス・フェルスタッペンの急接近を許す事となり、35周目に5.065秒あったタイム差は、37周目に1.967秒にまで減少。危なく追い抜かれる寸前までギャップが縮まった。

F1レースディレクターとして1997年から長年に渡ってレースを管理監督してきたチャーリー・ホワイティングは、今回の件は21年のキャリアの中で「史上最悪のブルーフラッグ無視」だと一刀両断。大きな波紋を呼んだ。