地元ロシアGPのドライバーズパレードに参加するセルゲイ・シロトキンcopyright Williams F1

セルゲイ・シロトキン、SMPレーシングからWEC世界耐久選手権への参戦が決定

  • 最終更新:

昨年末にウィリアムズのF1シートを失ったロシア出身のレーシングドライバー、セルゲイ・シロトキンが、SMPレーシングから2018/2019シーズンのWEC世界耐久選手権に参戦する事が決定した。

シロトキンはマテボス・イサキャーンに代わり、ステファン・サラザンとエゴール・オルドゼフと共にBRエンジニアリングBR1を共有。17号車のステアリングを握り、3月15日に開催される第6戦セブリングでWECデビューを果たす。

シロトキンはSMPレーシングの母体であるロシアSMP銀行からの多額の資金を元に昨年F1デビュー。イタリアGPでの10位が唯一の入賞となり、チャンピオンシップ最下位の20位でシーズンを終えた。

残留が濃厚と考えられていたものの、ウィリアムズはジョージ・ラッセルとロバート・クビサと契約。シロトキンのマネジメントは「戦闘力に劣るウィリアムズにとどまる理由はない」として、自ら契約更新を行わなかったと発表した。

「SMPレーシングチームの一員として、ロシアのプロトタイプ・マシンを駆り、ロシアの国旗と共に世界耐久選手権に参戦できる事を誇りに思う」とシロトキン。「僕らには優れたラインナップと優れたクルマがある。上手くやれれば、ルマン24時間レースを含めて、勝利のために戦うことができるだろう」

WECスーパーシーズンの残りはセブリングを含めて後3戦。アメリカでの100マイルレースを終えた後は、5月4日のスパ6時間と6月16日のル・マン24時間レースが控えている。

同じSMPレーシングに所属するジェンソン・バトンは、SUPER GTの開催スケジュールと衝突している事から、セブリングとスパの2戦を欠場する可能性がある。