• 最終更新:

ハロ(halo)とは、メルセデスによって提案されたドライバーの頭部保護を目的としたコックピット取り付け型の装置のこと。ヘイローとも呼ばれる。3本の柱で構成されており、コックピットの上に固定される。英語で”後光のような丸い光の輪”を意味するそうだ。

2017年からの導入が目指されていたものの、16年7月にF1ストラテジーグループ会議でハロの2017年導入が否決。ハロに限らず何らかのドライバー頭部保護装置を2018年に導入することで合意したFIAは、ハロの代替案として”シールド“と呼ばれる新しいデバイスを開発した。だが、シールドの安全性は不十分であるとの判断から、18年にハロを導入する事が決定している。

かっこ悪いのに何故?”ヘイロー”が選ばれた理由と、コックピット保護デバイス議論の経緯

2009年のF1第10戦ハンガリーGPの予選、時速280kmで走行中のフェラーリのフェリペ・マッサの頭部に、先行していたルーベンス・バリチェロのマシンから脱落したパーツ(重さ800gのスプリング)が衝突。マッサはこのアクシデントで頭蓋骨を損傷し脳震盪を起こした。

マッサの事故をはじめとして、近年のF1では飛来するパーツやクラッシュなどの事故から、ドライバーの頭部を守るソリューションを模索しており、その解決策の一つとしてメルセデスから提示された案がハロであった。

“ハロ”システムの概要

ハロの効果
  • ドライバーに向かって飛んでくる残骸や破片などを防ぐ効果
  • 過去に検討されたジェット戦闘機のようなクローズドコクピットとは違い、ドライバーの救出が比較的容易
ハロの問題点
  • 3本の柱のうち1本はドライバーの真正面に来るので視界が悪い可能性 FIAやセバスチャン・ベッテルをはじめとするドライバーは、視界性は良好と結論づけた
  • 前方の視界が問題なくてもやや上方を見上げる場合、スパ・フランコルシャンのオー・ルージュのような上り坂でハロが視界を遮る可能性
  • 事故の際に脱出が困難 取り付けと脱出手順を遵守すれば問題がない事が確認された
  • 構造的に衝撃吸収能力を持たない

仮にハロがあったとしても、ジュール・ビアンキやダン・ウェルドンの命は守れなかったと考えられ、2014年日本GPで起きたビアンキの事故の再発を防ぐためにはこれとはまた別の安全対策が必要である。

醜悪な見た目に対する批判

外観に大きく影響を及ぼす事から、ハロの導入に反対するファンやドライバーも多い。メルセデスのルイス・ハミルトンは「デバイスの装着を選択制にしてほしい…」とその見た目に対して違和感を露わにした。元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは「単純に醜い」と一蹴、ニキ・ラウダもハロを選ぶのは間違いだと主張する。だた、実際に現役でレースをしているドライバーの中には、全面的に賛成する者も多い。

4度のF1ワールドチャンピオンであるベッテルはハロ導入を否定するのは「無知で愚か」と語り、2度のF1王者であるフェルナンド・アロンソは「疑問の余地はない」と強調する。

レッドブル案”キャノピーデバイス”

ハロはメルセデスにより提示された案であるが、他方レッドブルはキャノピー型の代替案を提案していた。彼らの提示しているオープントップ型のキャノピー(天蓋)は大型のウィンドシールドのような働きもするという。クリスチャン・ホーナー曰く「こちらの方が外観的に洗練されており、視界も良い」とのことであったが、開発は頓挫した。

キャノピーデバイス
©@redbullracing