インディ500でトップチェッカーを受ける佐藤琢磨copyright Honda

モースポフェス2019:WRCと佐藤琢磨のインディ500優勝マシンが鈴鹿サーキットで初走行を披露

  • 最終更新:

2019年3月2日(土)と3日(日)に三重県鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、TOYOTA GAZOO RacingのワールドラリーカーとHondaがエンジン供給するインディカーマシンのデモ走行が決定した。

日本メーカーとして唯一WRCに参戦するトヨタ・ガズーレーシングは、ラリー競技専用に開発された「ヤリスWRC」を持ち込む。トヨタは2018年シーズンにWRCのマニファクチャラーズチャンピオンを獲得した。

インディカーマシンは、佐藤琢磨が2017年の第101回インディアナポリス500マイルレースを制したAndretti Autosportの「Dallara DW12」が走行。インディカー・シリーズは北米最高峰のフォーミュラカーレースで、インディ500は世界三大レースの一つとして数えられている。

いずれも世界のトップカテゴリーで活躍するマシンであり、鈴鹿サーキットを走行するのは今回が初となる。走行日時や担当ドライバーの詳細は、決定次第発表される予定となっている。

ヤリスWRC #11号車、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第13戦ラリー・オーストラリアにて

「モースポフェス」は、トヨタ自動車株式会社と本田技研工業株式会社、鈴鹿を運営する株式会社モビリティランドが共同開催するイベント。メーカーの垣根を越えて様々なモータースポーツの魅力を伝えようとの趣旨のもとに開催される。

第二回の開催となる本イベントでは、国際的な二輪・四輪レースを開催する鈴鹿サーキットを舞台に、TOYOTA GAZOO RacingとHondaそれぞれの世界選手権をはじめとする国内外のカテゴリーで活躍するマシンやドライバー、ライダーが出演。モータースポーツファンはもちろん、これまでレースやラリーを観戦したことのない学生やファミリーでも楽しめるようなコンテンツが企画されているという。

トヨタはWEC世界耐久選手権、ホンダはF1世界選手権とMotoGPロードレース世界選手権へ参戦を継続しており、トロロッソ・ホンダや来季誕生する新生レッドブル・ホンダ、トヨタと共にWECを戦うフェルナンド・アロンソや、今年5度目のタイトルを獲得したマルク・マルケスなどの参加が期待される。

なお、鈴鹿サーキットの公式サイト内からダウンロード出来る特別招待券を利用すれば、入園料が無料となる。

  • イベント: モースポフェス 2019 SUZUKA
  • 開催日程: 2019年3月2日(土)・3日(日)
  • 開催場所: 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)
  • 入場料金: 招待券持参で無料