グリッド上で待機する2台のトヨタ TS050 HYBRID、WEC 2019-2020年 第4戦 バーレーン8時間レース 公式予選にてcopyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

WECバーレーン予選:ハンデ背負うトヨタ勢は2列目「予想以上に良い結果」と中嶋一貴

  • Published:

2019-2020年 FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦バーレーン8時間の公式予選が12月13日(金)に行われ、ブルーノ・セナ、グスタボ・メネゼス、ノルマン・ナトが駆るレベリオン1号車がポールポジションを獲得。トヨタ勢は2列目に甘んじる結果となった。

LMP1クラスの予選は、5台全車が1秒以内という僅差の争いとなり、トヨタ勢としては、セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレーの8号車がポールから0.518秒遅れの3番手。マイク・コンウェイと小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスの7号車は、チームメイトから0.345秒遅れの4番手に続いた。

ドライバー及びチームの両選手権で首位に立つTOYOTA GAZOO Racing。トヨタは過去に、1周5.412km、15のコーナーを持つバーレーン・インターナショナル・サーキットで3勝を挙げており、マシンとの相性は良い。チームが最後にこのコースで戦った2017年最終戦では、ブエミと中嶋、アンソニー・デビッドソンの3名が駆る8号車がシーズン5勝目を上げた。

だが、この週末のTS050 HYBRIDは、サクセス・ハンディキャップによりハイブリッド・パワーと1周あたりの燃料使用量が制限され重量も増加。ドライバーズ選手権首位の8号車は1周あたり2.72秒、7号車は2.51秒分のハンデを負っており、当初から苦戦が予想されていた。

予選におけるトヨタ勢の最速ラップタイムは、ハートレーが記録した1分42秒986。これは、前回の2017年バーレーン予選のポール・ポジションタイムよりも3.902秒も遅かったが、ハートレーと同じ8号車をドライブした中嶋一貴は「上出来の予選だった」と振り返る。

「3番手グリッドというのは予想以上に良いポジションです」と中嶋一貴。「ハンディキャップを考えれば上出来で、我々はTS050 HYBRIDの性能を引き出せたと思います。今日の結果で、決勝レースへ向けての自信も持てました。もちろん、ライバルがとても速いことは分かっていますが、8時間と長いレースですし、落ち着いて最後まで全力を尽くすことが重要です」

14日(土)に行われる決勝レースは、昨シーズンのセブリング戦以来、WECでは2度目となる8時間で争われる。レースは現地午後3時にスタートし、夜が訪れた後の午後11時にチェッカーが振られる。

WECバーレーン8時間 LMP1公式予選結果

順位 No. ドライバー チーム タイム
1 1 ブルーノ・セナ
グスタボ・メネゼス
ノルマン・ナト
レベリオン・レーシング/
レベリオンR13・ギブソン
1:42.979
2 5 チャーリー・ロバートソン
ベン・ハンリー
ジョーダン・キング
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
1:43.123
3 8 セバスチャン・ブエミ
中嶋一貴
ブレンドン・ハートレー
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1:43.497
4 7 マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス
TOYOTA GAZOO Racing/
トヨタ TS050 HYBRID
1:43.842
5 6 マイク・シンプソン
クリストファー・ダイソン
ガイ・スミス
チームLNT/
ジネッタG60-LT-P1・AER
1:43.887