F1 2019でF1オーストラリアGPの舞台アルバート・パーク・サーキットを走行するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンのオンボード映像

動画:実車よりも遅い?速い?フェルスタッペン、シムレース「F1 2019」でオーストラリアGPを快走

  • Published:

2020年シーズンのF開幕戦を前に、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが伝統のアルバート・パーク・サーキットをTVゲーム「F1 2019」で走行。そのオンボードとステアリング&足さばき、そして表情を一画面で楽しめる動画が公開された。

オフシーズンは公式テストとフィルミングデーを利用したプロモーションイベントを除き、F1ドライバーがF1マシンを走らせることはないが、現在のF1チームは高性能なシミュレーターを備えており、多くのドライバー達は擬似空間上でかなりの時間を費やしている。

チーム・レッドラインのメンバーであり、iRacingのスパ24時間チャンピオンであるフェルスタッペンは、ランド・ノリスと並んでシムレース好きの現役F1ドライバーとして知られている。フェルスタッペンは今となっては懐かしき昨季型RB15を駆り、F1オーストラリアGPの舞台をフルスロットルで駆け抜けた。

ラップタイムは1分21秒945。自身が昨年のオーストラリアGP予選のQ3で実際に叩き出した1分21秒320には及ばなかったが、まばたきの回数の少なさは実車同様かもしれない。

F1オーストラリアGP特集