シルバーストーン・サーキットを駆け抜けるレッドブル・ホンダRB15、2019年F1イギリスGPフリー走行2にてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

メルセデスが1-2、ホンダ勢は3台がトップ10圏内 / F1イギリスGP《FP2》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2019年F1世界選手権 第10戦イギリスGP金曜2回目のフリー走行が、7月12日にシルバーストーン・サーキットで行われ、バルテリ・ボッタスが1分26秒732を記録。2番手にはチームメイトのルイス・ハミルトンが1000分の69秒遅れで続き、メルセデスAMGがグランプリ初日を1-2で締め括った。

シルバーアローの背後につけたのはフェラーリ。シャルル・ルクレールが3番手、セバスチャン・ベッテルが4番手に続いた。FP1でトップ3に2台を入れ込んだレッドブル・ホンダは跳馬に逆転を許し、ピエール・ガスリーが5番手、マックス・フェルスタッペンはマクラーレンのランド・ノリスに先行を許す7番手タイムでセッションを終えた。

トロロッソ・ホンダはアレックス・アルボンが9番手、ダニール・クビアトが11番手タイムをマーク。ホンダエンジン勢としてはトップ10に3台が名を連ね、上々の滑り出しを切る格好となった。ガスリーは午前に最速、午後は5番手。両セッションでチームメイトを上回り、今季最高の金曜日を過ごした。

セッションは現地14時に気温21.4℃、路面37℃、湿度56.6%のドライコンディションでスタート。午前のFP1ではセッション終盤に軽い降雨があったものの、午後は雨が路面を濡らす事はなかった。午前と同様に、午後もサーキット全体に強い風が吹き抜け、時間の経過とともに風向きが変化。ベッテルやアルボンらがコースオフを喫し、芝刈りに勤しんだ。

このセッションではメカニカルトラブルが目立った。ルノーのダニエル・リカルドは高速のチャペルで突如失速。チェッカーまで15分を残してマシンを降りた。現時点では詳細は不明ながらも、ルノーはエンジントラブルの可能性を疑っている。

幸いな事に、この日リカルドが使っていたのは旧式のスペックAエンジン。明日以降は既に卸し済みの最新型スペックBへと載せ替える。午前のセッションでは揃ってトップ10に入れ込んだルノーであったが、FP2ではリカルドが14番手、ニコ・ヒュルケンベルグが15番手と、アルファロメオの2台にサンドイッチされる形で後方へと下がった。

ファステストを刻んだボッタスもエンジン関連のトラブルに見舞われた。詳しい原因は発表されていないが、スパークプラグを交換するなどして、ガレージ内で問題解決に向けた作業が行われた。この間に失ったのは20分強。ダメージを最小限に抑えた。

母国イギリス人ドライバーのジョージ・ラッセルは、ギアボックスの問題によって走行が大きく制限され、走り込めたのは僅か11周。19番手タイムをマークした僚友ロバート・クビサに続く20番手最下位で初日セッションを終える事となった。

ハースのロマン・グロージャンはハイドロに問題を抱え、残り50分でようやくコースイン。僚友ケビン・マグヌッセンが12番手タイムをマークした一方で、17番手アントニオ・ジョビナッツィから0.5秒遅れの18番手でマシンを降りた。

F1イギリスグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間13日(土)19時から、公式予選は同22時からシルバーストーン・サーキットで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:26.732 24
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:26.801 +0.069 34
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:26.929 +0.197 29
4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:27.180 +0.448 29
5 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:27.249 +0.517 30
6 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:27.546 +0.814 37
7 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:27.562 +0.830 31
8 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:27.987 +1.255 38
9 23 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:27.997 +1.265 37
10 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:28.002 +1.270 31
11 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:28.008 +1.276 35
12 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:28.059 +1.327 29
13 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:28.126 +1.394 32
14 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:28.128 +1.396 17
15 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:28.217 +1.485 33
16 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:28.240 +1.508 36
17 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:28.294 +1.562 27
18 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:28.794 +2.062 25
19 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:29.935 +3.203 36
20 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:30.514 +3.782 11

コンディション

天気
晴れ
気温
21.4℃
路面温度
37℃

セッション概要

グランプリ名
F1イギリスGP
セッション種別
フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称
シルバーストーン・サーキット
設立
1947年
全長
5891m
コーナー数
18
周回方向
時計回り

F1イギリスGP特集