メルセデスW10を駆るバルテリ・ボッタス、2019年F1イギリスGPにてcopyright Mercedes

ボッタスがPP!ホンダ勢はポールポジションに0.18秒差 / F1イギリスGP《予選》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2019年FIA F1世界選手権 第10戦イギリスGP公式予選が、7月13日にシルバーストーン・サーキットで行われ、メルセデスAMGのバルテリ・ボッタスが1分25秒093を記録。スペインGP以来5戦ぶりにポールポジションを獲得した。

2番手はルイス・ハミルトン。Q3での1回目のアタックミスが響いた。チームメイトには1000分の6秒届かず、イギリスでの予選ポール記録更新は叶わなかったが、シルバーアローがライバルを退け、2013年以降、7年連続でフロントロウを独占する結果となった。

セカンドロウ3番手は、スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール。ポールには1000分の79秒届かなかった。4番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。順位的には悔やまれる部分があるものの、ボッタスとのギャップは僅か0.183秒。トップランナーとの差を更に縮め、RB15の進化を印象づけた。

フェルスタッペンはターボチャージャーに問題を抱え最大で推計0.2秒程をロス。予選を振り返ったフェルスタッペンは「トラブルがなければポール争いが出来たはず」と悔しさを滲ませた。

今週末の全セッションでチームメイトを上回り、完全復調の兆しを見せていたピエール・ガスリーは5番手。フェルスタッペンとの差はコンマ3秒と開いたが、前戦までと比較すれば小さく、跳馬のセバスチャン・ベッテルを6番手に退け、任務を全うした。

トロロッソ・ホンダ勢は、アレックス・アルボンが見事Q3進出を果たした挙げ句、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグを撃沈。9番グリッドを確保した。その一方でダニール・クビアトの不振は止まらず、17番手でQ1ノックアウトを喫した。

中団グループ最上位の地位を射止めたのは、ルノーのダニエル・リカルド。マクラーレンの地元出身ドライバー、ランド・ノリスを1000分の42秒差で退けてみせた。

午前のFP3に引き続き、現地上空には雲が垂れ込め、決勝のスタートグリッドを決する争いは気温18.7℃、路面29.1℃、湿度69.8%のドライコンディションでスタート。横荷重が厳しいこのコースに、ピレリは最も硬いレンジの3種類のコンパウンドを投入。Q3進出者にはC3ソフトタイヤが追加提供された。

予選Q1:熾烈なミッドフィールド

エントリーした全20台で争われる予選第一ラウンドのQ1。各車最も柔らかいソフトタイヤでコースインする中、Q2での戦略を睨んで故か、フェラーリの2台のみがミディアムを履いてタイムを計測。ルクレールが2番手を刻んだ。

時間の経過とともに徐々に路面温度が低下。2セット目のアタックでタイム更新に成功したドライバーは限られた。ドライバビリティの悪さを訴えたフェルスタッペンは3番手、ガスリーは8番手でQ1突破を果たした。

ミッドフィールドは激戦。10番手でQ2進出を果たしたリカルドと、あと一歩というところでノックアウトを喫した16番手ケビン・マグヌッセンとのギャップは僅かに0.234秒。クビアトは1000分の72秒という僅差でQ1敗退を喫した。

ノックアウト

  • ケビン・マグヌッセン
  • ダニール・クビアト
  • ランス・ストロール
  • ジョージ・ラッセル
  • ロバート・クビサ

予選Q2:異なる戦略を選んだフェラーリ

5台が脱落し、残る15台のマシンが挑んだQ2では、ベッテルを除く3強チームの計5台が、決勝レースを見据えてミディアムタイヤでコースインし、1セット目を終えてトップ5を占拠。ベッテルは中古のソフトで8番手タイムを刻み、ガレージへと戻った。

性能劣化が懸念されるソフトでのスタートを避けるべく、ミディアムに履き替えるかに思われたが、ベッテルは新品ソフトを装着。5番手タイムでQ3進出を確保した。更に、ミディアムで2番手をマークしていたルクレールもソフトにチェンジ。トップタイムを刻み、ミディアムでの自己ベストを塗り替えた。跳馬はライバルと異なる戦略を選んだ。

1セット目でノックアウトゾーンに沈んでいたアルボンは、最終アタックで自己ベストを更新。100分の8秒差でアルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィを蹴落とし、見事Q3進出を果たした。

ノックアウト

  • アントニオ・ジョビナッツィ
  • キミ・ライコネン
  • カルロス・サインツ
  • ロマン・グロージャン
  • セルジオ・ペレス

予選Q3:ハミルトンが痛恨のミス

トップ10グリッドを決する予選最終ラウンドのQ3。シルバーストーン・マイスターとも言うべきハミルトンは、ブルックランズでのブレーキングでミス。リアを滑らせタイムを大きくロスした。

1回目のアタックを終えてのタイムシートは、ボッタス、ハミルトン、フェルスタッペン、ルクレール、ガスリー、ベッテルの順。残存タイヤに余裕のないノリスとアルボンはガレージ内に留まり、最後のチャンスに全てを賭けた。

暫定ポールのボッタスは最終アタックでタイム更新ならず。ハミルトンにチャンスが訪れたが、0.006秒届かず2番手が確定した。ルクレールはセクター1でファステストを刻みタイムを更新するも、フェルスタッペンが蹴落とすのが精一杯。ベッテルはクルマに手こずり6位に甘んじた。

F1イギリスグランプリ決勝レースは、日本時間14日(日)22時10分からスタート。1周5891mのシルバーストーン・サーキットを52周する事でチャンピオンシップを争う。

順位とタイム

Pos No Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:25.750 1:25.672 1:25.093 20
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:25.513 1:25.840 1:25.099 16
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:25.533 1:25.546 1:25.172 17
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:25.700 1:25.848 1:25.276 21
5 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:26.273 1:26.038 1:25.590 21
6 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:25.898 1:26.023 1:25.787 19
7 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:26.428 1:26.283 1:26.182 21
8 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:26.079 1:26.385 1:26.224 21
9 23 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:26.482 1:26.403 1:26.345 24
10 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:26.568 1:26.397 1:26.386 21
11 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:26.449 1:26.519 18
12 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:26.558 1:26.546 18
13 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:26.203 1:26.578 15
14 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:26.347 1:26.757 17
15 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:26.649 1:26.928 14
16 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:26.662 9
17 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:26.721 10
18 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:26.762 9
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:27.789 9
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:28.257 10

コンディション

天気
曇り
気温
18.7℃
路面温度
29.1℃

セッション概要

グランプリ名
イギリスGP
セッション種別
予選
セッション開始日時

サーキット

名称
シルバーストーン・サーキット
設立
1947年
全長
5891m
コーナー数
18
周回方向
時計回り

F1イギリスGP特集