イスタンブール・パーク・サーキットを走行するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとメルセデスのバルテリ・ボッタス、2021年10月8日F1トルコGPフリー走行2にて
Courtesy Of Red Bull Content Pool

レッドブル、路面改善が”災い”してセットアップに問題…跳馬にも届かずTOP3圏外 / F1トルコGP《FP2》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2021 F1第16戦トルコGP金曜2回目のフリー走行が現地10月8日にイスタンブール・パーク・サーキットで行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンが1分23秒804をマークして初日をトップで締め括った。

2番手には0.166秒という僅差でシャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)が、3番手にはトップから0.41秒遅れでハミルトンのチームメイト、バルテリ・ボッタスが続いた。

レッドブル・ホンダ勢はセルジオ・ペレスが4番手、マックス・フェルスタッペンが5番手と、トップ3圏外に甘んじた。タイトル争いのライバル、ハミルトンの10グリッド降格を最大限に活かさなければならない週末の初日としては決して理想的な1日ではなかった。

フェルスタッペンはマシンバランスやペースを見出す事ができず、ロングラン中には右フロントタイヤのイン側にブリスターが発生した事でバイブレーションについて不満を訴える場面もあった。

ロングランペース的にもメルセデスが優位に立っており、レッドブル・ホンダは2日目以降に向けて課題を一つ一つ解決していく必要がありそうだ。

チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーはSky Sportに対して、昨年と比較して路面状況が大きく改善した事で、持ち込んだセットアップが上手く機能していないと説明した。

「今はバランスを崩している状況だ。サーキットは昨年よりも遥かにグリップが向上していて、我々はセットアップという点でウインドウの外にいる。今夜は夜遅くまで忙しい時間を過ごす事になりそうだ」

「とは言えクルマは良いわけで、我々としては問題を理解しさえすれば良い。問題はパフォーマンス・ウインドウの範囲内に入れるかどうかであって、今日はそれが出来ていなかった」

持ち込みタイヤが1ランク柔らかくなった事に加え、本イベント開催に先立ってウォーターブラスト処理が施されたため、路面は経年と相まって、再舗装されたばかりの状況で開催された昨年のグランプリと比べて大きく改善されている。

イスタンブール・パーク・サーキットを周回するフェラーリのカルロス・サインツ、2021年10月8日F1トルコGPフリー走行にてCourtesy Of Ferrari S.p.A.

イスタンブール・パーク・サーキットを周回するフェラーリのカルロス・サインツ、2021年10月8日F1トルコGPフリー走行にて

午前よりは雲量が増え、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温20℃、路面30℃のドライコンディションでスタートした。

FP1では一度もイエローが振られる事はなかったが、風の影響だろうか。午後はニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)が2度に渡ってスピンを喫するなど、何度かフラッグが振られる場面があった。

9番手タイムを刻んだピエール・ガスリーもターン6でスピンを喫した。コーナー出口で少し縁石に乗り過ぎたようで、タイヤにフラットスポット作った。アルファタウリ・ホンダの僚友、角田裕毅はチームメイトに0.126秒と迫る11番手でヘルメットを脱いだ。

2021年F1第16戦トルコグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間10月9日(土)18時から1時間の日程で開催される。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:23.804 30
2 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:23.970 +0.166 29
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:24.214 +0.410 31
4 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:24.373 +0.569 28
5 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:24.439 +0.635 27
6 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:24.525 +0.721 24
7 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:24.660 +0.856 21
8 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:24.672 +0.868 26
9 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:24.756 +0.952 32
10 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:24.796 +0.992 29
11 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:24.882 +1.078 30
12 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:24.903 +1.099 34
13 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:25.020 +1.216 31
14 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:25.060 +1.256 23
15 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:25.143 +1.339 27
16 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:25.229 +1.425 30
17 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:25.307 +1.503 30
18 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:25.358 +1.554 29
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:25.480 +1.676 26
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:25.698 +1.894 25

コンディション

天気
曇り
気温
20℃
路面温度
30℃

セッション概要

グランプリ名
F1トルコGP
セッション種別
フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称
イスタンブール・パーク・サーキット
設立
2005年
全長
5338m
コーナー数
14
周回方向
反時計回り

F1トルコGP特集