イスタンブール・パーク・サーキットを走行するホンダ特別仕様のホワイトカラーのレッドブルRB16B(マックス・フェルスタッペン)、2021年10月8日F1トルコGPフリー走行1にて
Courtesy Of Red Bull Content Pool

ハミルトン、低グリップに不満のフェルスタッペン抑えTOP発進…懸案の路面は大幅改善か / F1トルコGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

シーズン16戦目となる2021年F1世界選手権トルコGPが10月8日にイスタンブール・パーク・サーキットで開幕を迎え、日本時間17時30分から金曜1回目のフリー走行が行われた。

一発目のセッションを制したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)。1分24秒178のトップタイムを記録した。2番手には0.425秒落ちでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が、3番手には0.476秒落ちでシャルル・ルクレール(フェラーリ)が続いた。

クルマの仕上がりに満足している様子のハミルトンに対し、フェルスタッペンはグリップの低さとタイヤのグレイニングに不満を訴えていた。FP2までに改善できるかどうかが注目される。

なおフェルスタッペンを2ポイント差でリードするハミルトンに対し、メルセデスは週末を前に4基目のICE(内燃エンジン)を投入した。決勝では10グリッド降格が科される事になる。

イスタンブール・パーク・サーキット、2021年10月7日F1トルコGPにてCourtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

イスタンブール・パーク・サーキット、2021年10月7日F1トルコGPにて

金曜午前の現地イスタンブールは青空に恵まれ、セッションは気温19.5℃、路面温度30℃のドライコンディションでスタート。公式タイヤサプライヤーのピレリは昨年よりも一段階柔らかい中間レンジのC2からC4までの3種類のコンパウンドを持ち込んだ。

2日目は雨が予想されており、決勝までにドライコンディションで走行できる貴重なセッションとなる可能性があるだけに、各車はFP2での本格的なレースシミュレーションを前に精力的にセットアップ作業に取り組んだ。

FP1最大の注目ポイントの一つは路面だった。昨年は再舗装したばかりで油分が表面に浮き、非常に滑りやすいコンディションとなったため、プロモーターはイベントに先立ってウォーターブラスト処理を施した。

経年による効果も大いにあるだろうが路面状況は大きく改善されたようで、8番手タイムをマークしたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は、昨年とはまるで別のコースのように感じるとして、去年のデータはあまり役に立たないかもしれないと無線で報告していた。

とは言え、イスタンブール・パークはあまり多く使われるコースではないため1日目は非常に滑りやすい傾向にある。ただこの日のFP1ではコースオフはあれどスピンを喫するようなマシンはなく、またメカニカルトラブルに見舞われる車両もなく全車がしっかりと周回を重ねた。

イスタンブール・パーク・サーキットの路面、2021年10月7日F1トルコGPにてCourtesy Of Alfa Romeo Racing

イスタンブール・パーク・サーキットの路面、2021年10月7日F1トルコGPにて

パワーユニット・コンポーネント全交換による最後尾スタートが確定しているカルロス・サインツは、大型のエアロレイクをリアに搭載してコースインした。チームメイトとは異なるプログラムに取り組みつつも、4番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)に1000分の18秒差の5番手タイムを刻んだ。

エステバン・オコンが6番手、フェルナンド・アロンソが9番手と、フェラーリと並びアルピーヌ勢もまた、ミッドフィールダーとして2台をトップ10に入れ込んだ。

その他のホンダ勢は、セルジオ・ペレスがチームメイトからコンマ8秒遅れの10番手、角田裕毅が僚友から1秒遅れの18番手でクルマを降りている。

2021年F1第16戦トルコグランプリ2回目のフリー走行は、日本時間10月8日(金)21時から1時間の日程で開催される。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:24.178 26
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:24.603 +0.425 24
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:24.654 +0.476 27
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:24.842 +0.664 28
5 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:24.860 +0.682 25
6 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:24.909 +0.731 30
7 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:25.347 +1.169 26
8 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:25.382 +1.204 30
9 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:25.383 +1.205 26
10 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:25.459 +1.281 24
11 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:25.685 +1.507 25
12 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:25.750 +1.572 26
13 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:25.810 +1.632 26
14 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:25.813 +1.635 24
15 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:25.863 +1.685 28
16 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:25.933 +1.755 24
17 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:26.361 +2.183 29
18 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:26.424 +2.246 28
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:26.636 +2.458 25
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:27.019 +2.841 28

コンディション

天気
晴れ
気温
19.5℃
路面温度
30℃

セッション概要

グランプリ名
F1トルコGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
イスタンブール・パーク・サーキット
設立
2005年
全長
5338m
コーナー数
14
周回方向
反時計回り

F1トルコGP特集