2021年10月9日のF1トルコGP予選を戦うレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン
Courtesy Of Red Bull Content Pool

ハミルトン最速もボッタスPP、マックス含めHonda全車トップ10…角田は7戦ぶりQ3 / F1トルコGP《予選》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2021 FIA-F1世界選手権16戦トルコGPの公式予選が10月9日にイスタンブール・パーク・サーキットで行われ、ポイントリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデス)が1分22秒868のトップタイムを記録した。

ただし4基目のICE(内燃エンジン)投入に伴い10グリッド降格ペナルティが科されるため、0.13秒遅れで2番手タイムを刻んだ僚友バルテリ・ボッタスが繰り上がりのポールポジションを獲得。3番手をマークしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が最前列2番グリッドを手にする形となった。

予選4番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)。フェルスタッペンに1000分の69秒と迫ってみせた。ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は旧知の親友に1000分の61秒届かず5番手でヘルメットを脱いだ。

ホンダエンジン勢は4台全てがトップ10に並んだ。

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)はチームメイトからコンマ5秒遅れと、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に6番手を許す7番手に甘んじた。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)はオーストリアGP以来、7戦ぶりのQ3進出を果たして10番手でセッションを終えた。

残りのトップ10は、8番手がランド・ノリス(マクラーレン)、9番手がランス・ストロール(アストンマーチン)という結果となった。

土曜午後の現地イスタンブール上空はどんよりとした黒い雲に覆われ、決勝のスターティンググリッドを決する争いは降水確率100%という状況の中、気温18.6℃、路面22.7℃、湿度82.4%のドライコンディションでスタート。一時、軽い降雨があったものの、最後まで雨用タイヤの出番はなかった。

ただし初日に路面に載ったラバーの大部分はFP3を前に降った雨で洗い流されており、特にQ1はグリップレベルが課題となった。

公式タイヤサプライヤーのピレリは、ハード(白色)にC2、ミディアム(黄色)にC3、ソフト(赤色)にC4という昨年よりも1段階柔らかいレンジのコンパウンドを投入した。

予選Q1:一刻も早く計測を…

開始3分で雨が降る…そんなチーム無線が飛び交う中、全20台で争われる予選第一ラウンドのQ1では、路面が乾いている間に一刻も早く計測ラップを消化しようと、グリーンフラッグを前に半数以上のクルマがピットレーン出口に列を作った。

開始と同時に全車がソフトタイヤを履いてコースイン。誰もがチャージラップを挟まず、クールダウン・ラップなしに連続でタイム計測を繰り返した。

路面の所々に水たまりが残る中、ハミルトンは最初の計測ラップのターン1でタイヤをロックアップさせた。カルロス・サインツ(フェラーリ)も同じ場所で スピンを喫し、フェルスタッペンもリアを大きく滑らせた。

角田裕毅もターン1でコース外に飛び出しトラックサイドパネルを倒してしまったが、幸いにもクルマにダメージはなく無事にコースに復帰。10番手でQ1突破を果たした。

セッション中盤以降はコース全面に軽く雨が落ち始めるも、その後雨雲はレーダー上から消滅。路面状況は時間の経過と共に改善していき、タイムシートは最後まで目まぐるしく動き続けた。

トップ通過はハミルトン。1000分の7秒差でフェルスタッペンが続き、ガスリーが3番手タイムを刻んだ。

ミック・シューマッハ(ハース)が14番手タイムを刻んでQ2へと滑り込んだ事で、ダニエル・リカルド(マクラーレン)が1000分の94秒差で押し出されQ1敗退を喫した。

ノックアウト

  • ダニエル・リカルド
  • ニコラス・ラティフィ
  • アントニオ・ジョビナッツィ
  • キミ・ライコネン
  • ニキータ・マゼピン

予選Q2:角田裕毅、7戦ぶりのQ3進出

5台が脱落し残る15台のマシンが挑んだQ2では、ソフトタイヤをチョイスした角田裕毅とシューマッハ、ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)以外の14台は決勝レースを見据えてミディアムタイヤを履きコースへと向かった。

ペレスが下り坂でのトラクションを要するターン1でスピンを喫して黄旗が振られた事で、フェルスタッペンを含む複数のドライバーの計測ラップが台無しになってしまう場面があった。

ラッセルはセクター1・2で自己ベストを繋いでいたものの、最終コーナーでコース外に飛び出し、13番手でノックアウトを喫した。

ストロールは9番手でQ3に駒を進めたが、最終盤のターン1でのスピンでエステバン・オコン(アルピーヌ)を含む数名が最終アタックの断念を余儀なくされた。

パワーユニット交換で最後尾スタートが確定しているサインツは計測ラップを行わずにノータイム15番手でセッションを終えた。

角田裕毅は8番手タイムを刻み、オーストリアGP以来、7戦ぶりのQ3進出を果たした。

ノックアウト

  • セバスチャン・ベッテル
  • エステバン・オコン
  • ジョージ・ラッセル
  • ミック・シューマッハ
  • カルロス・サインツ

予選Q3:ハミルトン、渾身の最終ラン

トップ10グリッドを決する予選最終ラウンドのQ3では、路面はほぼ完全なドライへと近づいた。

1セット目の計測を終えて暫定トップに立ったのはボッタスであったが、他とは異なりやや早めに最終アタックへと向かったハミルトンが全セクターで全体ベストを刻みトップの座を奪取。フェルスタッペンも自己ベストを更新するも及ばず、ボッタスがポールを獲得する結果となった。

2021年 F1トルコグランプリ決勝レースは、日本時間10月10日(日)21時にスタート。1周5,338mのイスタンブール・パーク・サーキットを58周する事でチャンピオンシップを争う。

Pos No Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:24.585 1:23.082 1:22.868 28
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:25.047 1:23.579 1:22.998 27
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:24.592 1:23.732 1:23.196 25
4 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:24.869 1:24.015 1:23.265 30
5 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:24.704 1:23.817 1:23.326 24
6 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:25.174 1:23.914 1:23.477 24
7 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:24.963 1:23.961 1:23.706 24
8 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:25.138 1:24.642 1:23.954 25
9 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:25.511 1:24.601 1:24.305 23
10 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:25.409 1:24.054 1:24.368 24
11 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:25.787 1:24.795 19
12 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:25.422 1:24.842 18
13 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:25.417 1:25.007 20
14 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:25.555 1:25.200 19
15 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:25.177 DNS 13
16 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:25.881 10
17 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:26.086 10
18 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:26.430 11
19 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:27.525 11
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:28.449 10

コンディション

天気
晴れ
気温
18.6℃
路面温度
22.7℃

セッション概要

グランプリ名
F1トルコGP
セッション種別
予選
セッション開始日時

サーキット

名称
イスタンブール・パーク・サーキット
設立
2005年
全長
5338m
コーナー数
14
周回方向
反時計回り

F1トルコGP特集