シャンパンファイトを楽しむレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとメルセデスのルイス・ハミルトン、2020年F1スペインGP決勝表彰台にてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ハミルトン4勝目…皇帝の記録更新、ホンダ勢は2位フェルスタッペンを含む3台が入賞 / F1スペインGP《決勝》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2020シーズンFIA-F1世界選手権 第6戦スペインGP決勝レースが8月16日に行われ、メルセデスAMGペトロナスF1チームのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウイン。今季4勝目、通算88勝目を飾り、ミハエル・シューマッハが所持していたF1史上最多表彰台記録を更新。156回とした。

2位はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。ハミルトンには歯が立たなかったものの、スタートに失敗した2番グリッドのバルテリ・ボッタス(メルセデス)を交わし、その後は危うい場面もなくポジションをキープした。

ポジションを失ったボッタスは、DRSが使用可能となるや否やランス・ストロール(レーシングポイント)をオーバーテイクして3番手を奪還。その後はフェルスタッペンをターゲットに据えたが一度も襲いかかれず、3位表彰台に上がった。ただ、ファステストラップを記録してボーナスの1ポイントを加算した。

クルマを降りたフェルスタッペンは「今日はペースが足らなかったから、メルセデスの2台を分割できて嬉しい」と満足感を示した。その一方で、ボッタスは通算50回目の記念的表彰台となったにも関わらず「レース最初の件は何が起きたのか分からない。調べてみる必要がある」と落胆の色を隠さなかった。

ファン投票によるこの日のベストドライバー賞「Driver of the Day」に輝いたのは、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルだった。25周が限度と考えられていたソフトタイヤ、それもユーズドで39周を走り、ルノー勢およびケビン・マグヌッセン(ハース)と並ぶ唯一の1ストップを成功させ、6位フィニッシュを果たした母国カルロス・サインツ(マクラーレン)に続く7位入賞を果たした。

もう一台の跳馬を駆ったシャルル・ルクレールは、36周目にターン14に進入した直後にクルマがシャットダウン。ハーフスピンを喫してターン15でストップした。為す術もなく後続車を見送った後にリブートして走行を再開するも、様子がおかしいとしてピットへと入り修復を試みたが叶わず、リタイヤした。チームは電気系統の問題を疑っている。

マシンの総合力が試される第6戦の舞台、カタロニア・サーキットに持ち込まれたのは、最も硬いレンジのC1からC3までのコンパウンド。レースでは最低2種類のコンパウンドを使用する義務があり、ミディアムとソフトが主役を担った。バランスが取れないとして敬遠されていたハードを履いたのはアルボンのみだった。

タイヤ選択権を持つ11番以降のグリッドでは、12番手ダニール・クビアト、16番手ケビン・マグヌッセン、18番手ジョージ・ラッセルの3台のみがソフトをチョイスし、他は全てミディアムをスタートタイヤに選んだ。

決勝は日本時間16日(日)22時10分にブラックアウトを迎え、1周4,655mのコースを66周する事で争われた。現地バルセロナは晴れ、チャンピオンシップポイントを争う決勝のフォーメーションラップは気温29.8℃、路面48.5℃、湿度55%のドライコンディションで開始された。中盤を過ぎたところでレーダー上に不吉な雨雲が確認されたが、結局最後まで雨が路面を濡らすことはなかった。

クラッシュといった大きなアクシデントはなく、リタイヤはルクレールの1台のみとなった。オーバーテイクが困難なコース特性通りにコース上のアクションは少なく、特に序盤は各車が等間隔に連なる展開だった。

トップ3に続いたのはレーシングポイントの2台だった。セルジオ・ペレスが4位、ランス・ストロールが5位でフィニッシュラインを駆け抜けたが、ブルーフラッグ無視の疑いがあるとしてダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)と共にペレスが審議の対象となり、スチュワードは各々に5秒ペナルティを科す裁定を下した。この結果両者の順位が入れ替わり、ストロールが4位、ペレスが5位という結果となった。

クビアトはペナルティで後退する事はなく、スタートポジションそのままの12位でクルマを降りた。アルファタウリ・ホンダのチームメイト、ピエール・ガスリーは、シニアチームのアレックス・アルボンの後方0.5秒の位置でフィニッシュ。見事9位入賞を果たしてポイントを持ち帰った。ホンダ勢としては3台がトップ10フィニッシュという結果だった。

1ストッパーのギャンブルに出たルノー勢は、2台揃って圏外フィニッシュに終わった。ダニエル・リカルドはポイント最後のポジション、10位をマクラーレンのランド・ノリスに許す11位となり、エステバン・オコンは13位に終わった。

アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは14位とポイントを逃したが、フェルナンド・アロンソが持つ83,882kmのF1史上最多走行距離記録。84,013kmへと更新した。アントニオ・ジョビナッツィは16位でヘルメットを脱いだ。

順位とタイム

Pos No Driver Team Laps Time PTS
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 66 1:31:45.279 25
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 66 +24.177s 18
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 66 +44.752s 16
4 18 ランス・ストロール レーシングポイント 65 +1 lap 12
5 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 65 +1 lap 10
6 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 65 +1 lap 8
7 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 65 +1 lap 6
8 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 65 +1 lap 4
9 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 65 +1 lap 2
10 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 65 +1 lap 1
11 3 ダニエル・リカルド ルノー 65 +1 lap 0
12 26 ダニール・クビアト アルファタウリ・ホンダ 65 +1 lap 0
13 31 エステバン・オコン ルノー 65 +1 lap 0
14 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 65 +1 lap 0
15 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 65 +1 lap 0
16 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 65 +1 lap 0
17 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 65 +1 lap 0
18 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 64 +2 laps 0
19 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 64 +2 laps 0
NC 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 38 DNF 0

コンディション

天気
晴れ
気温
29.8℃
路面温度
48.5℃

レース概要

グランプリ名
F1スペインGP
レース種別
決勝
レース開始日時

サーキット

名称
カタロニア・サーキット
設立
1991年
全長
4655m
コーナー数
16
周回方向
時計回り

F1スペインGP特集