カタロニア・サーキットのホームストレート、2021年5月7日F1スペインGPフリー走行にて
Courtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

中団に埋もれたレッドブル、角田裕毅は僚友ガスリーと遜色ない7番手で初日締め / F1スペインGP《FP2》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2021 F1第4戦スペインGP金曜2回目のフリー走行が5月7日に行われ、ルイス・ハミルトンが1分18秒170を記録。2番手につけた僚友バルテリ・ボッタスを0.139秒差で退け、メルセデスが初日を1-2で締め括った。

シルバーアローに続いたのはレッドブル・ホンダではなかった。3番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、僚友フェルナンド・アロンソを1000分の52秒差で5番手に抑えたエステバン・オコン(アルピーヌ)が4番手という結果だった。

ホンダエンジン勢の最上位は6番手タイムをマークしたアルファタウリのピエール・ガスリーで、チームメイトの角田裕毅は走行中にクルマの電源がオフになるアクシデントに見舞われる場面もあったが、1000分の26秒差で7番手に喰らい付く好ペースを発揮した。

レッドブル勢は、セルジオ・ペレスがクリーンラップを走りながらもペース上がらず10番手に留まり、マックス・フェルスタッペンはターン10でワイドに走った後にソフトでの計測ラップを放棄。真っ当なタイムを残せないままに9番手でクルマを降りた。

風の影響だろうか。ドライバー達は限界を超えたり、または限界を超えないように苦労したりと理想的とは言い難い状況で、トリッキーなクルマの性格が現れたかのようであった。

無論、2日目に向けて修正してくるだろうが、ファステストをマークしたハミルトンと8番手カルロス・サインツ(フェラーリ)との差はコンマ5秒と、ミッドフィールドとトップグループとの差は僅かで、中団は1秒の中に16台がひしめく混戦だ。一歩間違えば、予選結果が非常に重要なこのコースで波に揉まれる可能性もある。

とは言えフェルスタッペンは、カタロニア・サーキットでのRB16Bの競争力に手応えを得ており、残りの週末について楽観視な姿勢を見せている

黄色いソーセージ縁石が設置されたカタロニア・サーキットのターン1とターン2を駆け抜けるアルピーヌA521、2021年5月7日F1スペインGPCourtesy Of Alpine Racing

黄色いソーセージ縁石が設置されたカタロニア・サーキットのターン1とターン2を駆け抜けるアルピーヌA521、2021年5月7日F1スペインGP

午前のFP1に引き続き、午後の現地バルセロナ上空も青い空が広がり、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温21℃、路面40℃のドライコンディションでスタートした。

開始10分を過ぎたところでは、ターン9のソーセージ縁石によって破壊されたサインツのパーツを回収するために、一時バーチャル・セーフティーカー(VSC)が導入された。

またピットレーンでは、グラベルの餌食となった事で失った時間を埋め合わせるべく、ロバート・クビサからステアリングを引き継いだキミ・ライコネンとニキータ・マゼピン(ハース)の車両がほぼ同時にピットアウト。ヒヤッとするシーンもあったものの、セッションは大きなアクシデントなく無事にチェッカーを迎えた。

FP2に向けてアルピーヌ勢が大きく前進した事で、アストンマーチン勢がトップ10圏外に追いやられた。セバスチャン・ベッテルは11番手タイムをマークして再びチームメイトを上回り、ランス・ストロールは14番手タイムでクルマを降りた。

今週末よりベッテルにも投じられたアップグレードは、チーム代表のオトマー・サフナウアー曰く、フロントウイング、バージボード、フロアの組み合わせから成るもので、更なる分析が必要だとしながらも、意図した通りの成果をもたらしているという。

FP1で中団最速を刻んだマクラーレンは、ランド・ノリスが12番手、ダニエル・リカルドが15番手と後退したが、ノリスが午前中に見せたペースが僅か数時間で消え去るとは考えにくく、単にタイムを追求していなかっただけに見える。

2021年F1第4戦スペイングランプリ3回目のフリー走行は、日本時間5月8日(土)19時から1時間に渡ってカタロニア・サーキットで開催される。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:18.170 32
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:18.309 +0.139 31
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:18.335 +0.165 28
4 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:18.466 +0.296 29
5 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:18.518 +0.348 30
6 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:18.593 +0.423 32
7 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:18.619 +0.449 30
8 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:18.674 +0.504 30
9 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:18.785 +0.615 26
10 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:18.918 +0.748 23
11 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:18.947 +0.777 30
12 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:19.092 +0.922 28
13 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:19.122 +0.952 29
14 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:19.134 +0.964 29
15 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:19.195 +1.025 28
16 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:19.213 +1.043 30
17 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:19.957 +1.787 29
18 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:20.046 +1.876 26
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:20.326 +2.156 30
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:20.753 +2.583 27

コンディション

天気
晴れ
気温
21℃
路面温度
40℃

セッション概要

グランプリ名
F1スペインGP
セッション種別
フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称
カタロニア・サーキット
設立
1991年
全長
4675m
コーナー数
16
周回方向
時計回り

F1スペインGP特集