カタロニア・サーキットのピット入り口付近、2021年5月7日F1スペインGPのフリー走行にて
Courtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

フェルスタッペン、本領発揮で最速奪取!”落ち着け”となだめられる角田裕毅 / F1スペインGP《FP3》結果とダイジェスト

  • Published:

2021 F1第4戦スペインGP土曜3回目のフリー走行が5月8日に行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが後続に0.235秒差を築く1分17秒835を記録し、公式予選前最後のプラクティス走行でタイムシート最上部に付けた。

2番手はルイス・ハミルトン。メルセデスのチームメイト、バルテリ・ボッタスはまとめ切れず5番手に留まり、間にはシャルル・ルクレールが3番手、カルロス・サインツが4番手と、好調フェラーリ2台が並んだ。

カタロニア・サーキットでの予選ランの鍵はバランスにある。序盤のセクターで攻め過ぎると最終セクターまでにタイヤが終わってしまうため、1周全体を考慮してその配分を考える必要がある。

ソフトを履いたハミルトンはセクター1で自己ベスト、セクター2で全体ベストを記録するもセクター3で自己ベストを更新できず、ミディアムでのタイムが自身のファステストとなった。なおミディアムの場合は第1・2セクターが自己ベストに届いていない一方、セクター3のタイムは全体ベストだった。

対照的にフェルスタッペンは、セクター1で自己ベスト、セクター2で全体ベスト、最終コーナーでオーバーステアを抱えたもののセクター3でも自己ベストを刻みトップに立った。FP2で9番手に留まっていた事を踏まえれば、遂に本領発揮といったところだろう。

ボッタス、ハミルトン、そしてフェルスタッペンと、週末3回のプラクティスは全て異なるドライバーが最速を刻む事となった。予選では激しい三つ巴の争いが期待される。確かに土曜午前だけを見ればオランダ人ドライバーの手強さが際立っているように見えるが、ハミルトンは予選で帳尻を合わせてくるだろう。

フェラーリがいずれのセッションでも高い競争力を発揮している事から、フェルスタッペンの僚友セルジオ・ペレスにとってはタフな土曜の午後となりそうだ。

追い抜き困難なコースゆえ、カタロニア・サーキットでのレースは予選結果が大きなカギを握る事になるが、ペレスはソフトでの1発のアタックに頭を悩ませている様子で、フェラーリはおろか、マクラーレン勢やアルファロメオのキミ・ライコネンにすら先行を許す10番手に留まった。

アルファタウリ・ホンダ勢はピエール・ガスリーが7番手と一貫性を見せつけた。角田裕毅は12番手と圏外でクルマを降りたが、両者のギャップは僅か0.138秒だ。ミッドフィールドは大混戦の様相で、3番手ルクレールから13番エステバン・オコン(アルピーヌ)までの11台がコンマ4秒以内にひしめいている。

なお角田裕毅はセッション中、チーム無線のタイミングに不満を訴えていた。エンジニアから「DRSを使ったターン10へのブレーキングはOKだ」と伝えられると「毎回言うのが遅いよ。コーナーのエントリーにいるんだけど」と声を荒げ「落ち着け、次から上手くやるから」となだめられていた。

グランプリ2日目を迎えた現地バルセロナは晴れ渡り、予選結果を占うセッションは気温23℃、路面37℃のドライコンディションでスタートした。

直前にサポートレースのFIA-F3選手権レース1が行われた事から、路面のラバー状況が注目されたものの、グリーンフラッグと同時にいち早くコースに出ていった地元の英雄フェルナンド・アロンソは「グリップがない」と評価。アルピーヌは三味線を弾いているのか、チームメイトのオコン同様にアロンソもまたトップ10圏外の11番手に留まった。

マシン性能を考えれば目を疑う9番手と好位置に付けたライコネンは、最終盤に右リアタイヤのパンクに見舞われた。同じアルファロメオC41を駆るアントニオ・ジョビナッツィは16番手で、2台の差は0.617秒と大きく開いた。

2台分のアップグレードが揃い、大きな一歩を踏み出したかに思われたアストンマーチン勢は、ランス・ストロールが14番手、セバスチャン・ベッテルは17番手とフィールド後方に沈んだ。

フェラーリ同様に2台揃ってトップ10圏内にクルマを置いたマクラーレン。6番手に付けたランド・ノリスは最終盤にターン10でグラベルに飛び出るも、FP1で同じ目に遭ったロバート・クビサとは異なり何とかコースに復帰した。ダニエル・リカルドは8番手タイムを刻んだ。

2021年F1スペイングランプリ公式予選は、日本時間5月8日(土)22時から全3ラウンド、計1時間に渡ってカタロニア・サーキットにて行われる。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:17.835 11
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:18.070 +0.235 14
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:18.308 +0.473 17
4 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:18.410 +0.575 18
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:18.423 +0.588 15
6 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:18.494 +0.659 14
7 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:18.535 +0.700 17
8 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:18.582 +0.747 21
9 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:18.597 +0.762 18
10 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:18.606 +0.771 16
11 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:18.662 +0.827 18
12 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:18.673 +0.838 21
13 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:18.700 +0.865 15
14 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:18.877 +1.042 18
15 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:19.005 +1.170 17
16 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:19.214 +1.379 19
17 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:19.363 +1.528 18
18 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:19.392 +1.557 16
19 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:19.999 +2.164 17
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:20.237 +2.402 15

コンディション

天気
晴れ
気温
23℃
路面温度
37℃

セッション概要

グランプリ名
F1スペインGP
セッション種別
フリー走行3
セッション開始日時

サーキット

名称
カタロニア・サーキット
設立
1991年
全長
4675m
コーナー数
16
周回方向
時計回り

F1スペインGP特集