2021年5月6日のF1スペインGP木曜プレスカンファレンスに出席したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとアルファタウリ・ホンダの角田裕毅Courtesy Of Red Bull Content Pool

角田裕毅、F1ドライバーになって最も良かった事は?の返しでフェルスタッペンの爆笑を誘う

  • Published: Updated:

6日にカタロニア・サーキットで行われたスペインGP木曜プレスカンファレンスに出席したアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は「F1ドライバーになって最も良かった事は?」の返しでマックス・フェルスタッペンの爆笑を誘った。

角田裕毅はこの日、フェルスタッペンと共に会見に臨んだ。まずはフェルスタッペンに対してレッドブルでの通算100戦目に関する質問が飛び、その後、苦戦続く過去数戦についての質問が角田裕毅に、そして先程の質問がファンから二人に飛んだ。

まずはフェルスタッペンが「F1マシンをドライブできる事かな」と答えると、角田裕毅は深く考え込んだ後に「んー、、、世界で最も速いマシンをドライブ出来る事かな。ほかには、毎週ホスピタリティで美味しい料理が食べられる事だね」と返すと、隣に座っていたフェルスタッペンが思わず吹き出した。

「例えばアルファタウリとホンダでは出される食事が違っていて、ホンダは日本食だし、ファエンツァ、いやスクーデリア・アルファタウリではイタリア料理が食べられるんだ」と角田裕毅は続ける。

「週末の間、あるいは1日に違う食事を2食種楽しめるんだ。これがF1ドライバーになって最も良かった事かな」

角田裕毅、不振巡る発言を謝罪

これにはフェルスタッペンも「キミと同じ位食べたら、パドックを転がされる位に太りそうな気がするよ!」とツッコミを入れた。

F1スペインGP特集