メルセデスW11を駆るジョージ・ラッセル、2020年F1サクヒールGP フリー走行1にてcopyright Daimler AG

代役ラッセルが最速発進!損傷ボッタスは4番手…ホンダ勢は全4台がTOP6 / F1サクヒールGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published:

バーレーン・インターナショナル・サーキットでの第2レースとなる2020年F1世界選手権第16戦サクヒールGPが12月4日に開幕を迎え、日本時間22時30分から金曜1回目のフリー走行が行われた。

舞台はバーレーン・インターナショナル・サーキットのアウタートラック。国際レースシリーズ初登場のこのレイアウトは1周3,543mと短く、ブレーキングポイントが僅か4箇所という高速ショートコースで、オープニング・セッションでいきなりF1史上最短ラップタイムが更新された。

バーレーン・インターナショナル・サーキットのアウタートラックのコースレイアウト図、2020年F1サクヒールGP版

グランプリ1発目のセッションを制したのは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染したルイス・ハミルトンに代わりメルセデスW11のステアリングを握ったジョージ・ラッセルだった。

メルセデスの秘蔵っ子は54秒546のファステストを刻み、4番手の僚友バルテリ・ボッタスに0.322秒のギャップを築いた。ただしチーム代表のトト・ウォルフは、ボッタスの車体がセッション序盤からダメージを負っていた事を明かしている。

なおこのタイムは、全長3.2㎞のディジョン・サーキットで行われた1974年のフランスGPでニキ・ラウダが残した58秒790より4秒近く速く、F1史上最速ラップタイムが46年ぶりに更新される事となった。

2番手には0.176秒落ちでマックス・フェルスタッペンが、3番手には0.265秒落ちでアレックス・アルボンが続き、レッドブル・ホンダ勢が好発進を切った。また、姉妹チームのアルファタウリもミッドフィールド最速のポジションに立ち、ダニール・クビアトが5番手、ピエール・ガスリーが6番手をマーク。ホンダエンジン勢としては全4台がトップ6に並んだ。

金曜午前の現地サクヒールは好天に恵まれ、セッションは陽が沈みゆく現地16時30分に気温26℃、路面温度30℃のドライコンディションでスタートした。公式タイヤサプライヤーのピレリは先週と同じ中間レンジのC2からC4までのコンパウンドを持ち込んだ。

アラン・ファン・デル・メルヴェ、ロマン・グロージャン、イアン・ロバーツ医師、2020年F1サクヒールGP木曜日
アラン・ファン・デル・メルヴェ、ロマン・グロージャン、イアン・ロバーツ医師 / © Haas

1週間前の前戦バーレーンGPで炎上を伴う衝撃的なクラッシュに見舞われたロマン・グロージャンも無事に退院。開幕前日にパドックに姿を見せ、救助にあたった全ての関係者に感謝の言葉を伝えて回った。

とは言え両手の甲には痛々しい包帯が巻かれておりステアリングを握れる状況ではなく、ハースF1チームは代役としてピエトロ・フィッティパルディを起用した。

2度のF1王者にしてインディ500ダブルウィナーのエマーソンを祖父に持つ24歳のブラジル人ドライバーは、周回数を伸ばすことが出来ず、最も多くを走り込んだドライバーの半分程度の24周に留まり、同じVF-20を駆る僚友ケビン・マグヌッセンの0.947秒遅れの19番手でデビューセッションを終えた。

ラッセルの代理としてウィリアムズのシートに座ったのは英国と韓国にルーツを持つジャック・エイトケンだ。フィッティパルディがハードタイヤから始めたのに対して、エイトケンはソフトタイヤでコースイン。その後にハードタイヤに履き替え、僚友ニコラス・ラティフィから0.423秒遅れの20番手でヘルメットを脱いだ。

低ドラッグなシャシーがストロングポイントのルノーと、スクーデリア・フェラーリが共にダブルトップ10発進を切った一方、前戦バーレーンで表彰台に迫るパフォーマンスを示していたレーシングポイント勢は、ランス・ストロールが11番手、セルジオ・ペレスが12番手と出遅れた。

“オーバルのような”との形容詞で言及されるアウタートラック。ダウンフォースレベルをどの程度に設定するのかがエンジニアリング的な注目ポイントだが、好発進を切ったレッドブル・ホンダ勢がダウンフォースをかなり削ったリアウイングを走らせた一方、レーシングポイント勢は重めのウイングを使用していた。

2020年F1第16戦サクヒールグランプリ2回目のフリー走行は、日本時間12月5日(土)2時30分から1時間半の日程で開催される。

F1サクヒールGP特集