2017年ロシアGP予選を制したセバスチャン・ベッテルcopyright ScuderiaFerrari

2017年F1ロシアGP《予選》結果とダイジェスト / PPベッテル!フェラーリ9年ぶりのフロントロー獲得

  • Published: Updated:

2017年のF1ロシアGP予選を制したのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテル。2番手には1000分59秒差でチームメイトのキミ・ライコネンが続いた。

フェラーリにとっては2015年のシンガポール以来のポールポジション、フロントローを独占したのは2008年のフランスGP以来となる9年ぶり。ベッテルは「月にも昇る心地だよ!!チームの皆に心からお礼を言いたい!」とその喜びを露わにした。メルセデスのバルテリ・ボッタスは3番手を獲得し、4番手ハミルトンに先行した。

2017年F1ロシアGP予選順位結果

マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは15番手、ストフェル・バンドーンはQ1敗退の17番手という結果に終わった。

“完璧なラップ”を決めたアロンソ:予選Q1ハイライト

気温21℃、路面40℃のコンディションの中、ウルトラソフトを履いたマシンが続々コースイン。フェラーリの2台だけがスーパーソフトタイヤでタイム計測を開始。1回目のアタックを終え、マクラーレン・ホンダの2台はノックアウトゾーンの15番手と16番手に。SSタイヤのフェラーリはメルセデスの2台に続く3番手と4番手タイムを記録、このタイムであればQ3進出をかけたQ2をSSタイヤで乗り切る事もできる。

ロシアGP予選に挑んだマクラーレン・ホンダのアロンソ
©F1

新品のウルトラソフトに履き替えたアロンソは、2回目のアタックで1分36秒353をマークし14番手に滑り込んだ。アロンソは「マシンの感触が良かった。バランスは良かったし、グリップは多かったし、このラップは完璧に近かった」とチームラジオで叫んだ。

ロシアGP予選で壁に突っ込んだジョリオン・パーマー
©F1

アロンソがゴールラインを通過した直後、ルノーのジョリオン・パーマーとザウバーのパスカル・ウェーレインがコースオフ、パーマーは壁に接触した。これによりコース上には黄旗が振られ、予選Q1はそこで終了となった。バンドーン、ウェーレイン、エリクソン、グロージャンが涙を飲んだ。

本領発揮のメルセデス:予選Q2ハイライト

最初にタイムアタックを始めたのはウィリアムズ勢。マッサとストロールがワンツーを記録する形で予選Q2の幕が開いた。

一騎打ちが予想されていたフェラーリとメルセデスは、共にウルトラソフトで1回目のアタックに。予選モード全開のボッタスが、FP3での自身のタイムを1秒以上も上回る1分33秒264をマークしトップに躍り出る。3番手ベッテルとの差は0.774秒。別世界に等しいタイム差に世界中のため息が聞こえる。ワンツーを記録したメルセデスは2回目のアタックを行わずにガレージ内で戦況を見守る。

コース上に出ていくメルセデスのハミルトン
©MercedesAMGF1

Q3進出をかけた最後のアタック、ライコネンが0.399秒落ちの2番手に食い込みメルセデスの間に割って入った。フォース・インディアの2台が9・10番手に滑り込み、母国レースのクビアトは13番手に終わった。5番手タイムをマークしたフェリペ・マッサに対して、ストロールは12番手でQ2敗退となった。アロンソは15番手となり「信じられない!信じられない」との無線を残して予選を終えた。何が信じられなかったのは不明である。

白熱のトップ3バトル:予選Q3ハイライト

メルセデスが4年連続のPPを決めるのか?はたまたフェラーリがメルセデス一強時代の終焉を世界に印象づけるのか?注目の予選Q3はフェラーリ勢が先に仕掛けた。

まずはライコネンが1分33秒253のトップタイムを記録、0.173秒差でベッテルが2番手に続いた。メルセデスもこれに負けじとボッタスが両者の間に割って入る。終始最終セクターで遅れていたハミルトンはこれを攻略できず4番手に。1回目のアタックを終え、ライコネン、ボッタス、ベッテル、ハミルトンの順に並んだ。

予選Q3に臨むセバスチャン・ベッテル
©ScuderiaFerrari

フィンランド人のワンツーが実現すれば史上初となる予選Q3最後のアタック、4人の中で最初にタイム計測に出たのはライコネン。メルセデスが得意とするセクタ-1を最速で塗り替え上々の立ち上がりを見せるも、アウトラップでタイヤを温めきれず惜しくもタイム更新ならず。続くセバスチャン・ベッテルは最速タイムを更新し、0.059秒差でトップに躍り出る。

ボッタスとハミルトンもセクター1で最速を更新しながらアタックを続けるも、フェラーリには及ばすそのままの順位で予選を終えた。ボッタスはチームメイトのハミルトンに対して0.478秒もの差をつけ実力の程をアピール。予選成績でハミルトンに並んだ。終わってみれば、トップの3台がコンマ1秒以内にひしめく大激戦となった。

順位とタイム

Pos No Driver Team Q1 Q2 Q3 Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:34.493 1:34.038 1:33.194 20
2 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:34.953 1:33.663 1:33.253 18
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:34.041 1:33.264 1:33.289 18
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:34.409 1:33.760 1:33.767 19
5 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:35.560 1:35.483 1:34.905 20
6 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:35.828 1:35.049 1:35.110 20
7 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:35.301 1:35.221 1:35.161 18
8 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:35.507 1:35.328 1:35.285 21
9 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:36.185 1:35.513 1:35.337 18
10 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:35.372 1:35.729 1:35.430 20
11 55 カルロス・サインツ トロロッソ 1:35.827 1:35.948 18
12 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:36.279 1:35.964 18
13 26 ダニール・クビアト トロロッソ 1:35.984 1:35.968 18
14 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:36.408 1:36.017 16
15 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:36.353 1:36.660 14
16 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:36.462 9
17 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 1:37.070 9
18 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー・フェラーリ 1:37.332 9
19 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:37.507 9
20 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:37.620 9

コンディション

天気
晴れ
気温
27℃
路面温度
40℃

セッション概要

グランプリ名
F1ロシアGP
セッション種別
予選
セッション開始日時

サーキット

名称
ソチ・オートドローム
設立
2014年
全長
5872m
コーナー数
16
周回方向
時計回り

F1ロシアGP特集