F1メキシコGP2回目のフリー走行で6番手タイムを刻んだとトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

レッドブルが異次元の速さを披露!トロロッソ・ホンダは6位と絶好調 / F1メキシコGP《FP2》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

グランプリ初日を迎えたエルマノス・ロドリゲス・サーキット。2018年F1第19戦メキシコGP金曜2回目のフリー走行が現地10月26日に行われ、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが1分16秒720を記録。FP1に引き続き最速を連取し、初日をトップで締め括った。

コンマ1秒遅れで2番手につけたのはチームメイトのダニエル・リカルド。レッドブルが頭ひとつ飛び抜ける異次元の速さを見せつけた。一発の速さもさることながら、ハイパーソフトタイヤでのロングランペースも印象的で、コンスタントに12秒台。付け入る隙はないかに思われたが、セッション残り10分のところで悪夢に襲われた。

快調にホームストレートをかっ飛ばしていたフェルスタッペンが、ブレーキングの際に失速。前戦アメリカGPでリカルドのマシンに発生したバッテリー関連の不具合と同じトラブルであろうか。突如マシン全体の電源が失われた。これによりセクター1はイエローフラッグ。驚異的なペースを示した一方で、大きな懸念材料を抱える事となった。

メキシコGPの舞台エルマノス・ロドリゲス・サーキットを走るレッドブル・レーシングの3号車マックス・フェルスタッペン

レッドブルに続き3番手を記録したのはルノー・スポールのカルロス・サインツ。フェルスタッペンからは1.2秒と大きく遅れたものの、フェラーリ&メルセデスのトップチームを抑えて堂々のパフォーマンスを披露した。4番手にはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。5番手にはニコ・ヒュルケンベルグが続き、ルノー勢が驚きのスピードを見せつけた。

トロロッソ・ホンダ勢はブレンドン・ハートレーがトップから1.326秒落ちの6番手と絶好調。FP1で刻んだ9番手タイムに続いて、予選と決勝に向けて有望なパフォーマンスを示した。エンジン交換のために午前のセッションで走行わずか2周に終わったピエール・ガスリーは、ハートレーから遅れること0.986秒の14番手に終わった。

フランツ・トスト代表から「更なる入賞なくして契約更新なし」と言い渡されたハートレーは、1セットしかない空力アップグレードを巧みに操り2セッション連続で印象的なタイムを連発。チームメイトを大きく退けてみせた。

午前のFP1に引き続き、午後の現地メキシコシティも晴れ渡る青空に恵まれ、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温24℃、路面46℃のドライコンディションでスタートした。午前中はまばらであった観客も一気に数を増し、フォル・ソルのスタジアムセクションを囲むグランドスタンドには、母国の英雄セルジオ・ペレスの勇姿を見ようと、多数の地元ファンが詰めかけた。

チャンピオンシップ両部門のタイトルに王手をかけるメルセデスAMG勢は、ルイス・ハミルトンが7番手、バルテリ・ボッタスが9番手に留まり、トロロッソ・ホンダやルノーの後塵を拝す結果に終わった。ハミルトンは日曜のレースを7位以上でフィニッシュしさえすれば、選手権2位のベッテルのリザルトに関わらず、自身5度目のタイトルを手にする事になる。

メキシコグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間10月27日(土)24時から、公式予選は同27時からエルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:16.720 21
2 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:16.873 +0.153 32
3 55 カルロス・サインツ ルノー 1:17.953 +1.233 35
4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:17.954 +1.234 42
5 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:18.046 +1.326 36
6 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1:18.061 +1.341 35
7 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:18.100 +1.380 40
8 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:18.133 +1.413 42
9 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:18.140 +1.420 40
10 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:18.167 +1.447 24
11 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:18.485 +1.765 24
12 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:18.733 +2.013 39
13 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 1:19.024 +2.304 39
14 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:19.047 +2.327 36
15 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 1:19.096 +2.376 30
16 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:19.219 +2.499 25
17 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:19.322 +2.602 41
18 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 1:19.335 +2.615 37
19 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 1:19.543 +2.823 31
20 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:19.670 +2.950 35

コンディション

天気
晴れ
気温
24℃
路面温度
46℃

レース概要

グランプリ名
メキシコGP
レース種別
フリー走行2
レース開始日時
サーキット名
エルマノス・ロドリゲス・サーキット
サーキット設立
1962年
コース全長
4304m
コーナー数
16
周回数
71周
周回方向
時計回り

F1メキシコGP特集