2018年型フェラーリF1マシン「SF71H」でフィオラノ・サーキットを走行するシャルル・ルクレール、2021年1月26日copyright Ferrari S.p.A.

シャルル・ルクレール、コロナ感染を経て44日ぶりにフェラーリF1マシンをドライブ

  • Published:

シャルル・ルクレールが44日ぶりに赤きスクーデリアのコックピットに乗り込み、フェラーリのお膝元、伊フィオラノ・サーキットを走り込んだ。

フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)所属の若手を含む全7名による合同テスト2日目を迎えた1月26日(火)、ルクレールは午前9時30分に2018年型F1マシン「SF71H」に乗り込みコースに向かった。

2018年型フェラーリF1マシン「SF71H」に乗り込むシャルル・ルクレール、2021年1月26日フィオラノサーキットにて
© Ferrari S.p.A.

F1マシンをドライブするのは、12月13日に開催された2020年の最終アブダビGP以来、44日ぶりだ。ルクレールは年明け後に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査で陽性が確認され、つい先日までモナコの自宅で自己隔離を強いられていた。

ルクレールはこの日、オペレーションを再確認しながらマシンの感触を確かめるように100周以上を走り込んだ。チームは開幕バーレーンGP並びに、3月中旬に予定されているプレシーズンテストに向けた準備をプログラムに組み込んだ。

フィオラノサーキットでのテストに向けて準備を進めるフェラーリのシャルル・ルクレール、2021年1月26日フィオラノサーキットにて
© Ferrari S.p.A.

1日を振り返ったルクレールは「こうして再びマシンをドライブできて本当に良かった!」と語った。

「メカニックの皆と再会し、レーシングスーツを着てヘルメットを被ってウォームアップを行い、最後にクルマに乗り込みスターターボタンを押す…フェラーリのエンジン音はいつも魔法のような音色だ」

「予定していたすべての仕事をやり遂げることができたし、完璧な一日になった。本当に楽しかったよ。明日のテストを担当するカルロス(サインツ)の幸運を祈る」

ルクレールの走行の様子を傍で見守っていたカルロス・サインツは、テスト3日目となる27日(水)並びに28日(木)の午前に走行を行う。