ヘルメットを交換し合うセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールcopyright Ferrari S.p.A.

フェラーリ去るベッテル、ルクレールとヘルメット交換…綴られた手書きメッセージがあまりにも素敵な件

  • Published:

近年はチャンピオンシップが最終戦までもつれ込む事は殆どなく、盛り上がりという点でヤス・マリーナ・サーキットでのイベントに物足りないところがあるのは確かだが、それでも長きに渡った一年の終わりには、やはり感動的なシーンが幾多もあるものだ。

レッドブル・レーシングでの成功を経てマラネッロのチームへと新天地を求めたセバスチャン・ベッテルは、6年に渡るスクーデリア・フェラーリでのキャリアに終止符を打つ。

6年間に渡るチームへの献身に感謝するスクーデリア・フェラーリ、2020年F1アブダビGPにて
© Ferrari S.p.A.

友人でもある年上のキミ・ライコネンをチームメイトとしていた時は、特に目立った軋轢はなかったものの、赤きイタリアチームの将来を背負って立つとの周囲の高い期待の下でザウバーからやってきた天性の才を持つモナコ人ドライバー、シャルル・ルクレールと共に過ごした時は常に順風満帆というわけではなかった。

だが、ふたりの間には確かにリスペクトの念があった。

ヘルメットを交換し合うセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレール

セバスチャン・ベッテルのフェラーリでの最後のレースでシャルル・ルクレールが着用したヘルメット

ルクレールはベッテルの跳馬ラストランとなったアブダビでのフィナーレに向け「Danke Seb(ありがとう、セブ)」のメッセージを刻んだ特別なヘルメットを被り、55周を戦い抜いた後、これを4度のF1ワールドチャンピオンに贈った。

ベッテルもまた、自身を象徴するようなドイツカラーを配したヘルメットをルクレールにプレゼントした。バイザー上部には次の手書きのメッセージが書かれていた。

「シャルルへ、君は15年間のF1生活で出会った中で最も才能のあるドライバーだ。どうかそれを無駄にしないで。でも同時に、いつ何時でも幸せで、そして笑顔を絶やさないでね。感謝してる!」

セバスチャン・ベッテルからシャルル・ルクレールに贈られたヘルメットに書かれたメッセージ

ルクレールはベッテルとのヘルメット交換の際の写真をSNSに投稿し、次のメッセージを添えた。

「僕はこの2年間を共に過ごす中で、人として、そしてドライバーとして、あなたから本当に多くの事を学んだ。僕の成長のために常にプッシュし続けてくれた事に感謝している」

「君のチームメイトになれて光栄だった。これからも真にベストなトップドライバーで、素晴らしい人であって欲しい。心からそう思ってる」

6年間に渡るチームへの献身に感謝するスクーデリア・フェラーリ、2020年F1アブダビGPにて
© Ferrari S.p.A.

F1アブダビGP特集