セッションに向けて準備をすすめるトロロッソ・ホンダのダニール・クビアト、F1日本GPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

12番手ダニール・クビアト「適応力の高さが日曜予選の結果を左右する」F1日本GP《初日》

  • 最終更新:

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、10月11日(金)に行われたF1第17戦日本GP初日プラクティスを振り返った。クビアトは午前のFP1で23周を走り16番手。午後のFP2では35周を走行して12番手タイムを記録した。

適応力の高さが日曜予選の結果を左右する

ダニール・クビアトFP2: 12位, FP1: 16位

明日のスケジュールが中止される事を思えば、今日のFP2は生産的なセッションになったと思う。通常とは若干違うプログラムだったんだけど、今日は本当に慌ただしかったし、かなりの周回を走り込んだ。

FP1でのマシンは望んでいた状態とは言えなかったけど、FP2に向けて改善させる事が出来たし、フィーリングも向上していたから、シッカリ前に進めたと思う。全体的に、マシンにもFP2の出来にもかなり満足してる。

日曜日に向けて、どうすれば改善できるかを検討してみるつもりだけど、(2回のセッションを終えただけで)予選が待ち構えているっていう状況は面白いね! 日曜は今日とは違って強風が吹くかもしれないわけで、コンディションが違う可能性もあるわけだから、如何に上手く素早く対応できるかが鍵を握るはずだ。


初日をトップで締め括ったのはメルセデスAMG。バルテリ・ボッタスがトップタイムを刻み、ルイス・ハミルトンが0.1秒遅れの2番手タイムでクルマを降りた。

12日土曜に予定されていた2019年F1日本グランプリ3回目のフリー走行は、台風19号の影響で中止となり、公式予選は13日(日)午前10時開始へと延期され、午前11時までの1時間に渡って鈴鹿サーキットで開催される。

F1日本GP特集