ピエール・ガスリーが座るRB15のコックピットを覗き込むクリスチャン・ホーナー代表、カタロニア・サーキットにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

F1バルセロナテスト《初日》順位結果:2度の赤旗…レッドブル・ホンダにトラブル発生

  • 最終更新:

2019年2回目のインシーズンテスト「バルセロナテスト」の初日セッションが、8時間に渡って5月14日火曜にカタロニア・サーキットで行われた。トップタイムを記録したのはメルセデスAMGのバルテリ・ボッタス。午後にC5コンパウンドを履き、自身がF1スペインGPで記録したポールタイムに0.105秒と迫る1分15秒511を刻んだ。

これに続いたのは、スクーデリア・フェラーリSF90をドライブしたシャルル・ルクレール。ボッタスよりも3段階硬めのC2タイヤを履いて、1.4秒落ちの2番手タイムをマークした。3番手はC4を履いたトロロッソ・ホンダのダニール・クビアト、4番手にはC3タイヤを履いたルノーのニコ・ヒュルケンベルグが続く結果となった。

セッションは現地9時に気温13度、路面温度28度のドライコンディションでスタート。照りつける日差しのために、正午には路面40度まで上昇した。午前中のセッションはアクシデントもなくグリーンフラッグが続いたが、午後は2度のインシデントが発生。レッドフラッグが振られた。

午後一でアルファロメオのカラム・アイロットがターン3でクラッシュ。ウォールにヒットしてクルマがダメージを負った。幸いにも本人に怪我はなかったが、クルマの修復が間に合わず、早々にテストを切り上げる事となった。

2度目の赤旗はレッドブル・ホンダ。この日RB15のステアリングを握ったピエール・ガスリーは精力的に走り込み、一番乗りで100周の大台を突破したものの、セッション残り1時間のところでホームストレートでマシンストップ。クルーの手によってガレージへと戻され、118周の5番手タイムで初日を終えた。セッションを振り返ったガスリーは、原因としてトランスミッションが疑われると語った。

今回のテストでは、跳馬とレーシングポイントがピレリタイヤテストを担当。セバスチャン・ベッテルは132周を走破して、参考8番手タイムを残した。ベッテルと同じプロトタイプを履いたセルジオ・ペレスは、11番手タイムを記録した。

マクラーレンは午前と午後でドライバーを変更。午前を担当したカルロス・サインツは6番手。午後にステアリングを引き継いだランド・ノリスは、10番手につけた。ハースから出走したピエトロ・フィッティパルディは、サインツから遅れること0.063秒の7番手。レーシングポイントのシミュレータードライバーを務めるニック・イェロリーを0.035秒上回った。

最下位はウィリアムズ。FIA-F2選手権のランキングをリードするニコラス・ラティフィは、この日の最多周回となる133周を走り込み、開発競争で大きく遅れるグローブのチームに貴重なデータを大量にもたらしたが、トップから5.519秒遅れのペースに留まった。

テスト最終二日目は、明日15日(水)の現地9時から18時まで開催される。

バルセロナテスト《初日》総合結果

ピレリはC1からC5までの5種類のコンパウンドを投入。C1が最も硬く、C5に向かって徐々に柔らかくなる。

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:15.511 C5 131
2 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:16.933 C2 131
3 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:17.679 C4 121
4 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:18.051 C3 68
5 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1:18.140 C3 118
6 カルロス・サインツ マクラーレン 1:18.263 C2 64
7 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1:18.326 C4 103
8 ニック・イェロリー レーシングポイント 1:18.361 C5 111
9 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:18.425 開発 132
10 ランド・ノリス マクラーレン 1:18.567 C3 44
11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:19.718 開発 118
12 カラム・アイロット アルファロメオ 1:19.819 C2 41
13 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ 1:20.670 C2 133