2017年 F1ブラジルGP《予選》Top10ドライバーコメントcopyright HONDA

2017年 F1ブラジルGP《予選》Top10ドライバーコメント

  • 公開日時:

現地11月11日(土)、2017年F1世界選手権 第19戦ブラジルGP予選がインテルラゴス・サーキットで行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスがキャリア通算3度目のポール・ポジションを獲得した。3ラウンドのノックアウト方式の予選で、最終Q3に進出したトップ10ドライバーのコメントをポジション順にまとめた。

ブラジルGP予選Top10コメント

バルデリ・ボッタス予選: 1位

ブラジルは例年予選が接近する傾向にあるけど、今年もそうだったね。ポールを獲るのためには、Q3の最後のアタックでタイムを更新する必要があるのは分かってた。コーナー毎に良くなっていったし、最終的に全てが噛み合ってポールが獲れたんだら最高さ。

ツイてないことにルイスはQ1で敗退してしまったから、僕がチームのために結果を出さなきゃならなかったんだけど、上手くやれて嬉しいよ。僕の目標はドライバーズ争いで2位になる事だけど、良い目標があると僕もチームの皆も今まで以上に頑張れる。

フェラーリ勢もすごく速いから簡単なことじゃないけど、明日は事故のないレースをすることが大事になると思う。インテルラゴスの1・2コーナーはいつも混沌とするから、良いスタートを切ってトラブルなく走れるといいな。僕にとってはまだ3回目のポールポジションだけど、明日グリッド上から眺めるサンパウロの景色は、たぶんすごく美しいんだろうな。

セバスチャン・ベッテル予選: 2位

金曜日以降、マシンが改善してきてるのは良いニュースだね。今日のマシンには満足してるけど、最後のアタックの時に1コーナーのブレーキングでちょっと躊躇しちゃたかもね。アウトラップを終えた段階で良い走りができてたから、自分が思っている以上にグリップがあったかもしれない。もっと攻めるべきだったのかも。

最終セクターでロスしたタイムを挽回できるって思ってたんだけど、努力はしたけど取り戻すには十分じゃなかった。ライバル勢とは大接戦だし、大抵の場合レースコンディションではもっと接近するから、明日に向けてのモチベーションは高いし照準はまだ勝利のままさ。

キミ・ライコネン予選: 3位

マシンの感触はずっと良かったんだけど、皆がフリーなスペースを得ようとしてたから、(トラフィックのせいで)ラップは毎回少し難しかったんだ。タイヤがきちんと作動しさえすれば全てが容易になるけど、アウトラップでトラフィックに巻き込まれてしまうから、必ずしもそう上手くはいかなかったんだ。

タイヤコンパウンドによっては他のモノよりもアウトラップがやりやすかったよ。タイヤを信頼して最初のコーナーでフロントをロックアップさせないように攻めるのはちょっと大変なんだ。全体的に言えば、タイヤが作動してれば車自体はドライブしてて楽しかったから、結果にはちょっとガッカリしてるよ。楽勝って感じの予選じゃなかったけど、最終的にはまずまずの結果になったんじゃないかな。

今日は堅実な仕事をしたと思うし、チームとしては悪くない結果だと思うよ。確かにそれ以上いけた可能性もあったけど、大事なのはレースだし明日は長い戦いになる。1コーナーはかなりタイトだから最高のスタートができるように頑張るよ。

マックス・フェルスタッペン予選: 4位

十分な速さがなかったし、これ以上の結果は無理だったと思う。今週は単純にペースが良くないんだ。ダニエルも僕もマシンバランスを改善させようとしてきたけど、グリップは得られずポテンシャルも感じ取れてないんだ。ストレートで相当タイムをロスしてるけど、あとコンマ1・2秒はいけたかもね。

インテルラゴスは僕らの強みが出せるコースじゃないから、メルセデスやフェラーリに勝てるなんて思っちゃいないよ。でも、もう少し近づけるかなって思ってたんだ。雨のレースになれば嬉しいけど、残念ながらドライになりそうだよね。今夜、雨が降ります様にって祈ってみるよ!本音を言えば少し運が必要かもしれないけど、前の方で何が起きるかは分からないし、楽しいレースになる可能性はまだ残ってるはずさ。

ダニエル・リカルド予選: 5位

何だか摩訶不思議な土曜日だったよ。通常僕らレッドブルは金曜日があんまり良くなくて、予選になると速さがあるんだけど、最近はその逆で金曜日が良くて土曜日になると失速することが多いんだ。予選でのソフトタイヤは良かったけど、Q3で履いた最後のスーパーソフトは何か変だったんだ。コースに出てすぐにバイブレーションが出ちゃってさ。ああいった状態じゃ僕にできることは殆どないからちょっとストレスがたまったよ。

僕らは明日の決勝をソフトでスタートするから楽しみだね。ガンガン追い抜いていかなきゃならないけど、レースでのマシンは速さがあると思う。ルイスが後方からスタートする点には要注意だね。今週末のメルセデスには速さがあるから、ルイスの前に留まれればそれが僕のお尻に火をつけてくれるかも。

セルジオ・ペレス予選: 6位

ここ最近は予選でだいぶ手こずってたから、今日の結果にすごく満足してるよ。ライバルの連中もかなり攻めてたからQ3に向けての争いは接戦で難しかったけど、上手いことラップをまとめて上げて6番手につけることができた。今日の僕らに望めた最大限の結果だったと思う。チームの皆に感謝してるよ。

過去数戦の予選で少し苦労してたから、最近投入したアップグレードがどのように機能しているかを把握するために色々調べてみたんだ。エンジニアの皆は懸命に仕事に取り組んでくれた。今日の結果は僕らのペースを証明するものだと思う。本調子に戻れてうれしいしよ。レースが楽しみだ。

今日は結構気温が低かったけど、明日はもっと路面温度が高くなるはずだから、正しい戦略に基いてきちんとタイヤマネジメントをしていく事が大事になる。ブラジルは天候が不安定だから、もしかすると少しは雨が降るかもね。ウェットになれば上位の連中と良いバトルができるかも。

フェルナンド・アロンソ予選: 7位

難しいコンディションの予選だっただけに7位は嬉しい結果だね。路面は完全なドライだったけど、バイザーに雨粒が見えて自信が持てたんだ。こういう時は、例え躊躇しそうになってもマシンを信頼してコーナーを攻めなきゃならない。

昨日のマシンバランスとパフォーマンスには満足できていなかったけど、今日の車は改善して突然競争力が上がったんだ。6番グリッドはポイントを獲得する上で最高のスタートポジションだけど、明日ハミルトンとリカルドが挽回してくるのは間違いない。決勝は晴れのドライコンディションになると予想しているけど、出来る限りこの順位を守れるように全力を尽くすよ。もちろん簡単じゃない事くらい分かってるさ。

マクラーレン・ホンダにとって軽い雨はいつでもウエルカムだよ。ウェットでの僕らはドライの時より速い傾向にあるからね。明日はトップ10でフィニッシュすることが目標だ。土曜日は最高の一日になったから、明日どうなるのか楽しみだね。

ニコ・ヒュルケンベルグ予選: 8位

予選は良かったよ。8番手はこのマシンから引き出せる最高の結果だったと思う。Q3の最後のアタックは上手く行ったし満足してるんだ。もう少し雨が降って波乱が起こればなあって思っていたれど、残念ながらそうはならなかったね。明日はチェッカーを受けてポイントを獲得することが大事だよ。ペースは悪くないし、マクラーレンやフォース・インディア、後はウィリアムズなんかと良いバトルができるんじゃないかな。

カルロス・サインツ予選: 9位

良い1日になったよ。マシンにどんどん自信が持ててきてるし、今日はまた一歩ステップアップできたと思う。まだ上を目指せると思ってるしマシンに慣れる余地もあるけど、移籍したばかりの新チームで3戦連続Q3に進めたのはポジティブな事だよね。決勝での目標は間違いなくポイント獲得さ。リカルドとハミルトンが挽回してくるのは間違いないけど、僕らはペースがあるし、是が非でも攻め続けないとね。

フェリペ・マッサFP1: 1位, FP2: 1位

予選でQ3で”あるドライバー”(カルロス・サインツ)に故意に邪魔されるまでは満足していたよ。あれにはマジでがっかりさ。ミスしたって言うならしょうがないけど、あれはミスじゃなくてわざとだ。本当に悔しいよ。最後のアタックラップの時に少し雨が降ってきちゃって、上手くまとめ上げられなかった。本当だったらもっと上のグリッドからスタートできたはずだけど、タイヤをロックさせてしまったんだ。

F1ブラジルGP特集