スクーデリア・フェラーリSF90に乗るセバスチャン・ベッテル、2019年F1ベルギーGPフリー走行にてcopyright Ferrari S.p.A.

俊足フェラーリが再び1-2、レッドブル・ホンダは後退 / F1ベルギーGP《FP2》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

グランプリ初日を迎えたスパ・フランコルシャン。2019年F1第13戦ベルギーGP金曜2回目のフリー走行がで8月30日に行われ、スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレールが1分44秒123を記録。2番手にはFP1で最速を刻んだセバスチャン・ベッテルが続き、跳馬が初日を1-2で締め括った。

フェラーリは初日の両プラクティスで1-2を独占。メルセデスとレッドブル・ホンダを全く寄せ付けず、ライバル勢を圧倒する速さを見せつけた。特に高速のセクター1でのパフォーマンスレベルは高く、強力なパワーユニットを武器に、敵なしのタイムを刻んだ。

フェラーリに続いたのはメルセデスの2台。FP1の結果を受け、シルバーアローはトップスピードを高めるためにリアウイングレベルを変更。ダウンフォースを引き下げてFP2に臨んだ。

バルテリ・ボッタスは3番手、ルイス・ハミルトンは4番手につけたものの、ボッタスとルクレールとのギャップは0.846秒。フェラーリから大きく遅れた。ハミルトンは埃が入ってくるとして、バイザーへの不満を訴えピットイン。その後、新しいヘルメットへと変える場面もあった。

ケメルストレートを走行するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2019年F1ベルギーGPプラクティスにて
© Getty Images / Red Bull Content Pool、ケメルストレートを走行するフェルスタッペン

FP1でフェラーリに継ぐスピードを見せたレッドブル・ホンダ勢は、マックス・フェルスタッペンが最終シケインでワイドに膨らみタイムロス。レーシングポイントのセルジオ・ペレスに5番手の座を許し、6番手タイムでセッションを終えた。午前のFP1でチームメイトと遜色ないペースを刻んだアルボンは、グリッド降格を踏まえ、決勝レースを見据えてのセットアップ作業に注力。10番手でマシンを降りた。

フェルスタッペンは序盤、最終シケイン手前でのエンジンの挙動に奇妙な点があると指摘。その後、ターン1からの立ち上がりの際にパワーロスに見舞われるトラブルが発生した。更にセッション終盤にも、エンブレの挙動がおかしいと報告。PUセッティングに課題を抱えての走行を強いられた。

やや出遅れた感があるものの、フェルスタッペンがこの日使用していたのは金曜専用エンジン。出力を抑えて走行していた。明日に向けてはレース用エンジンへと載せ替えが行われるため、2日目のラップタイムに期待したい。

FP1でタイムシート後方に沈んだトロロッソ・ホンダ勢は、ダニール・クビアトが14番手とポジションアップ。ピエール・ガスリーはハースのケビン・マグヌッセンを上回り17番手タイムをマークした。両者の差は0.16秒。午前のセッションよりもギャップが縮まった。ガスリーは「別のチームの人間が僕に話しかけてきたんだけど…」とチームラジオで報告。無線干渉をが発生していたようだ。

FP1に引き続き、午後の現地スパ上空も晴れ渡り、予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温23.3℃、路面39.5℃、湿度40.9%のドライコンディションでスタートした。各車セッション前半は、ミディアムコンパウンドを履いてのショート・ロングランを実施。その後はソフトへと履き替え、予選及び決勝シミュレーションに取り組んだ。

午前よりも路面温度が上昇したことで、タイヤのオーバーヒートに苦しむマシンが多く見られた。その結果、ショートランを行うために、各車2周のクールダウンラップを挟んでのアタックラップを強いられた。

セッション残り5分、セルジオ・ペレスがターン8でマシンストップ。エキゾースト周りで軽く出火しているのが確認された。好調を示していたが故に、ペレスは頭を抱えてマシンの脇に立ち尽くした。セッションはバーチャルセーフティーカーが導入された後にレッドブラッグとなり、定刻前にチェッカーとなった。

関係性については現時点では不明ながらも、ペレスがトラブルに見舞われる直前、チームメイトのランス・ストロールが、シート後方が熱を持っているとの問題を報告。緊急ピットインしていた。両者は今回、メルセデスの最新型エンジンを使用している。

ベルギーグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間8月31日(土)19時から、公式予選は同22時からスパ・フランコルシャンで開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:44.123 28
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:44.753 +0.630 30
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:44.969 +0.846 28
4 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:45.015 +0.892 26
5 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:45.117 +0.994 25
6 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:45.394 +1.271 20
7 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:45.708 +1.585 25
8 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:45.732 +1.609 21
9 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:45.735 +1.612 26
10 23 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:45.771 +1.648 21
11 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 1:45.999 +1.876 28
12 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:46.120 +1.997 21
13 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:46.209 +2.086 26
14 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:46.214 +2.091 24
15 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 1:46.258 +2.135 29
16 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:46.328 +2.205 24
17 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:46.374 +2.251 28
18 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:46.399 +2.276 21
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:47.887 +3.764 30
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 1:48.331 +4.208 32

コンディション

天気
晴れ
気温
23.3℃
路面温度
39.5℃

セッション概要

グランプリ名
F1ベルギーGP
セッション種別
フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称
スパ・フランコルシャン
設立
1921年
全長
7004m
コーナー数
19
周回方向
時計回り

F1ベルギーGP特集