F1バーレーンGPフリー走行3でランデブー走行するアルファタウリ・ホンダの角田裕毅とピエール・ガスリー、2021年3月27日Courtesy Of Red Bull Content Pool

Honda1-3体制!フェルスタッペン、全セッション制覇で予選へ…角田裕毅は問題解消? / F1バーレーンGP《FP3》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2021年シーズンのF1開幕バーレーンGP土曜3回目のフリー走行が3月27日にバーレーン・インターナショナル・サーキットで1時間に渡って行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが1分30秒577のトップタイムを記録した。

フェルスタッペンは初日金曜に行われた2回のセッションで共に最速をマーク。週末全てのプラクティスを制覇し、ポールポジション争い最有力候補として、日本時間27日(土)24時からの公式予選に臨む。

バーレーン・インターナショナル・サーキットを走行するレッドブル・ホンダRB16B、2021年3月27日F1バーレーンGPのFP3にてCourtesy Of Red Bull Content Pool

バーレーン・インターナショナル・サーキットを走行するレッドブル・ホンダRB16B、2021年3月27日F1バーレーンGPのFP3にて

フェルスタッペンのチームメイト、新加入のセルジオ・ペレスは変わらずクイックラップに苦労しているようで、1.331秒遅れの5番手に留まった。

2番手には巻き返しを目指すルイス・ハミルトン(メルセデス)が入った。フェルスタッペンと同じ最も柔らかいソフトタイヤでの計測であったが、その差は0.739秒と大きく開いた。

3番手にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)を0.272秒差で退けたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が続き、好調キープのホンダエンジン勢が1-3体制を築いた。ボッタスは最初のフライングラップでいきなりランオフエリアに飛び出すなど、初日に抱えたバランスの課題が解消し切れていない様子を伺わせた。

現地サクヒールはグランプリ2日目も晴れ渡り、予選結果を占うセッションは気温39℃、路面温度49℃という非常に暑いドライコンディションでスタートした。

日没後の予選・決勝とは大きく異る諸条件ゆえ、グリーンフラッグと同時にコースインしたのは角田裕毅のみで、最初にタイムが計測されたのは開始15分過ぎ。各車が本格的にコースを周回し始めたのは開始20分過ぎになってからだった。

初日にマシントラブルに見舞われた角田裕毅のマシン修復のためであろう、アルファタウリ・ホンダはFP3に向けて禁じ手”カーフューを破り”で夜通し作業に取り組んだ

60分間を通しての角田裕毅の周回数が平均的な15周である事から問題は解消されたものと見られるものの、セッション途中にチームが「ストレートでかなり失っている。今調べているところだ」との無線を飛ばしていたのはやや気がかりだ。

セッション最終盤に何度か各セクターで自己ベストを更新したものの、1ラップを通してまとめ切る事はできず、角田裕毅は僚友ガスリーから1.126秒遅れの13番手でクルマを降りた。

バーレーン・インターナショナル・サーキットを走行するスクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール、2021年3月26日F1バーレーンGPにてCourtesy Of Ferrari S.p.A.

バーレーン・インターナショナル・サーキットを走行するスクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール、2021年3月26日F1バーレーンGPにて

上位5台に続いたのはスクーデリア・フェラーリの2台だった。カルロス・サインツが5番手に、序盤にスピンを喫し「信じられないくらいグリップが低い。すごく手こずっている」と無線で不満を訴えていたシャルル・ルクレールが6番手に続いた。

やはり今季の跳馬パワーユニットは大幅に性能を向上させたのだろうか。キミ・ライコネンが7番手、アントニオ・ジョビナッツィが12番手と、フェラーリPUを搭載するアルファロメオ勢が印象的なタイムを残した。

トークンすら費やさず、最もマシン開発が限定的と見られるハースでさえ、ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンがニコラス・ラティフィを上回り、17番手ジョージ・ラッセルに迫るタイムを刻む等、ウィリアムズと張る速さを見せた。予選でのフェラーリエンジン勢の動向が注目される。

初日好調のマクラーレンは、ブレーキングの習熟に取り組み続けるダニエル・リカルドが10番手、ランド・ノリスが16番手とミッドフィールド後方寄りに位置した。

バーレーン・インターナショナル・サーキットを走行するアストンマーチンのセバスチャン・ベッテル、2021年3月27日F1バーレーンGPにてCourtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

バーレーン・インターナショナル・サーキットを走行するアストンマーチンのセバスチャン・ベッテル、2021年3月27日F1バーレーンGPにて

硬めのコンパウンドを履いて淡々と周回を続けるが故に、最も真のパフォーマンスが読みにくいアルピーヌとアストンマーチンは、結局実力の片鱗も見せないままに予選へと向かうのか。エステバン・オコンが8番手、ランス・ストロールが9番手、セバスチャン・ベッテルが14番手、フェルナンド・アロンソが15番手という結果だった。

2021年F1バーレーングランプリ公式予選は、日本時間3月27日(土)24時から全3ラウンド、計1時間に渡ってバーレーン・インターナショナル・サーキットにて行われる。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:30.577 11
2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:31.316 +0.739 14
3 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:31.583 +1.006 13
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:31.855 +1.278 16
5 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:31.908 +1.331 11
6 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:32.108 +1.531 16
7 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:32.224 +1.647 15
8 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:32.423 +1.846 11
9 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:32.431 +1.854 13
10 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:32.477 +1.900 12
11 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:32.482 +1.905 17
12 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:32.500 +1.923 11
13 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:32.709 +2.132 15
14 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:32.755 +2.178 15
15 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:32.820 +2.243 15
16 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:32.860 +2.283 10
17 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:33.323 +2.746 14
18 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:33.422 +2.845 14
19 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:33.622 +3.045 14
20 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:33.959 +3.382 16

コンディション

天気
晴れ
気温
39℃
路面温度
49℃

セッション概要

グランプリ名
F1バーレーンGP
セッション種別
フリー走行3
セッション開始日時

サーキット

名称
バーレーン・インターナショナル・サーキット
設立
2004年
全長
5412m
コーナー数
15
周回方向
時計回り

F1バーレーンGP特集