レッドブル・リンクを走行するレッドブル・ホンダRB16Bのリア、2021年7月3日F1オーストリアGPの3回目のフリー走行にて
Courtesy Of Red Bull Content Pool

フェルスタッペン、圧倒タイムと揺るぎない自信でメルセデスを牽制…角田Q3に期待 / F1オーストリアGP《FP3》結果とダイジェスト

  • Published:

2021 F1第9戦オーストリアGP土曜3回目のフリー走行が7月3日に行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが後続に大差をつけて公式予選前最後のプラクティス走行でタイムシートのトップに立った。

初日FP1のペースセッターは最終盤の計測ラップにおいて、第2・3セクターで全体ベストを刻み、2番手バルテリ・ボッタスに対して0.538秒、契約更新を発表したばかりの3番手ルイス・ハミルトンに0.686秒という驚異的なギャップをつけてメルセデス勢を圧倒した。

フェルスタッペンがコースインしたのは30分を過ぎてからで、セッションのほぼ半分をガレージ内で過ごした。これはトラブルによるものではなく自信の表れだった。クリスチャン・ホーナー代表は初日に多くの周回を重ねたため、早々とコースに出る必要がなかったと明かした。

グランプリ2日目を迎えた現地シュピールベルクは晴れ渡り、予選結果を占うセッションは気温23℃、路面46℃のドライコンディションでスタートした。路面温度に関しては初日よりも遥かに高く、コンディションはフェルスタッペンが大差でのポールを手にした先週末の土曜に近いものとなった。

レッドブル・リンクを周回するアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、2021年7月3日F1オーストリアGPフリー走行3にてCourtesy Of Red Bull Content Pool

ピエール・ガスリー、2021年7月3日F1オーストリアGPフリー走行3にて

トップ3に続く4番手はピエール・ガスリーだった。エンジントラブルと接触事故により先週末のFP2とレースを失ったため初日を慎重にスタートさせるも、180分間のプラクティスを通して徐々にタイムを積み上げいき、予選開始を2時間後に控えてようやく本領を発揮。ハミルトンに対して1000分の3秒差に迫った。

好調のチームメイト、角田裕毅は13番手とトップ10から弾き出されたものの中団は相変わらず異様な接戦で、7番手につけたセルジオ・ペレス(レッドブル)との差は0.165秒に過ぎず、2戦連続でのQ3進出に望みを繋いだ。セッション終盤にオーバースピードでターン9に突っ込みスピンを喫する場面もあったが、巧みなコントロールで姿勢を立て直してバリアへの接触を避けた。

初日に印象的なペースを発揮していたアルファロメオ勢は、アントニオ・ジョビナッツィが並外れたラップを刻んで5番手につけた。他方キミ・ライコネンは17番手でヘルメットを脱いだ。予選での好走が期待される。

やはり涼しいコンディションによる恩恵が大きかったのか。メルセデス共々初日FP2で上位に食い込んでいたアストンマーチン勢は、この日34歳の誕生日を迎えたセバスチャン・ベッテルが10番手、ランス・ストロールが11番手と後退。逆にフェラーリ勢は息を吹き返し、カルロス・サインツが6番手、シャルル・ルクレールが9番手につけた。

アルピーヌとウィリアムズはチームメイト間で差が開いた。フェルナンド・アロンソは8番手とトップ10に食い込んだが、エステバン・オコンは13番手とコンマ25秒遅れた。ワークスメルセデスのシートを狙うジョージ・ラッセルはQ2進出を視野に入れる14番手をマーク。対するニコラス・ラティフィはコンマ4秒遅れの19番手に留まった。

コンストラクター・ランキング3位のマクラーレンはランド・ノリスが15番手、ダニエル・リカルドが16番手と、FP3での定位置についた。

全3ラウンド・ノックアウト方式の公式予選は、日本時間7月3日(土)22時からレッドブル・リンクにて1時間に渡って行われる。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:04.591 15
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:05.129 +0.538 22
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:05.277 +0.686 20
4 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:05.280 +0.689 27
5 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:05.345 +0.754 27
6 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:05.347 +0.756 29
7 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:05.396 +0.805 20
8 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:05.434 +0.843 23
9 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:05.484 +0.893 35
10 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:05.542 +0.951 22
11 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:05.546 +0.955 19
12 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:05.561 +0.970 23
13 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:05.674 +1.083 22
14 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:05.694 +1.103 23
15 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:05.700 +1.109 23
16 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:05.725 +1.134 21
17 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:05.747 +1.156 31
18 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:06.078 +1.487 26
19 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:06.105 +1.514 17
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:06.289 +1.698 28

コンディション

天気
晴れ
気温
23℃
路面温度
46℃

セッション概要

グランプリ名
F1オーストリアGP
セッション種別
フリー走行3
セッション開始日時

サーキット

名称
レッドブル・リンク
設立
1969年
全長
4326m
コーナー数
10
周回方向
時計回り

F1オーストリアGP特集