アルバート・パーク・サーキットcopyright MediaGamut

【F1】オーストラリアGPのDRSゾーンを3箇所に増加、オーバーテイク数の向上図る

  • 最終更新:

FIA F1世界選手権はオーバーテイク数を増加させるべく、2018年の開幕オーストラリアGPでDRSゾーンを増やす事を決めた。舞台となるアルバート・パーク・サーキットの12・13コーナー間に新たにDRSゾーンが追加され、これまでの2箇所から3箇所へと増加する。

DRS(Drag Reduction System)は、リアウイングの傾斜を変更する事で一時的にスピード向上が可能となる仕組となっており、追い抜きの少ない単調なレースを改善すべく2011年にF1に導入された。

2018年F1のアルバート・パーク・サーキットのコースレイアウト

第3のDRSゾーン自体はさほど長い距離ではなく、この区間でのオーバーテイクは期待できないが、前走車への接近が容易となるため、その後に待ち受けるホームストレート上のDRSゾーンでの追い抜きの可能性が向上する。

F1オーストラリアGP特集