レッドブル・ホンダのアレックス・アルボン、2020年 70周年記念GPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

アレックス・アルボン、9番手からの5位フィニッシュ「ペースの良さに驚いた」F1-70周年記念GP《決勝》2020

  • Published:

F1-70周年記念GP決勝レースを5番手で終えたレッドブル・ホンダのアレックス・アルボンは、52周に及んだ長き戦いを終えて、予選とは異なりマシンバランスとペースが良かったために「びっくりした」と語った。

1発の速さではチームメイトのマックス・フェルスタッペンに遅れを取っているアルボンだが、8月9日のレースでは強力なペースを刻んで素晴らしい走りを披露した。

ミディアムを履いて9番手からスタートすると、全20台の中で最も早い6周目にピットストップを行いハードタイヤにチェンジ。フィードコーナーでランド・ノリス(マクラーレン)を交わした。

30周目に再びハードタイヤに履き替えると、最後の2周でランス・ストロール(レーシングポイント)をオーバーテイクして、スタートポジションよりも4つ上の5位でチェッカーフラッグを受けた。

Pos Driver Team Laps Time PTS
4 シャルル・ルクレール フェラーリ 52 +29.289s 12
5 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 52 +39.146s 10
6 ランス・ストロール レーシングポイント 52 +42.538s 8

バランスとペースの良さに驚いた

アレックス・アルボン決勝: 5位, グリッド: 9番手

今日のレースには満足している。クルマは信じがたいほどに素晴らしかった。レース序盤はDRSトレインが連なっていてオーバーテイクするのが難しかったけど、隊列を抜けてクリーンエアを受けて走れるようになってからは、フィールドを抜けるチャンスに恵まれた。

今日はバランスとペースが本当に良かったから少し驚いたよ。マシンのポテンシャルを引き出すのが難しい時もあるけど、今回みたいなコンディションでは好調だという事が分かったから、その理由を明確に理解しなきゃならない。

今日は5位を獲得することができて良かったし、来週のレースではもっと良いパフォーマンスを発揮できるようにしたい。


8月9日(日)にシルバーストーン・サーキットで行われた2020年F1第5戦70周年記念グランプリ決勝レースでは、4番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が通算9勝目、今季初優勝を飾った。2位はルイス・ハミルトン、3位表彰台にはバルテリ・ボッタスが滑り込んだ。

F170周年記念GP特集