70周年記念GPで優勝を飾りレッドブル・ホンダRB16のコックピットに経ってガッツポーズを取るマックス・フェルスタッペン
copyright Red Bull Content Pool

ホンダF1、1989年以来初のシルバーストン制覇!山本雅史MD「この経験を活かして次戦に挑みたい」

  • Published:

マックス・フェルスタッペンによる逆転劇に湧いたモータースポーツの聖地、英国シルバーストン・サーキット。8月9日に行われた70周年記念GPを終えて、ホンダF1の山本雅史マネージング・ディレクターがファンへの感謝の気持ちを語った。

ホンダがシルバーストンで勝利を飾ったのは、遡ること31年前の1989年のF1イギリスGP以来初。アイルトン・セナとアラン・プロスト擁するマクラーレン・ホンダは最前列から64周の闘いに挑んだ。セナは12周目のベケッツでギアボックスの問題でスピンを喫したものの、プロストがナイジェル・マンセル(フェラーリ)に19秒差をつけてトップチェッカーを受けた。

並んで歩くホンダF1の田辺豊治テクニカル・ディレクターと山本雅史マネージング・ディレクター
© Honda / ホンダF1の田辺豊治テクニカル・ディレクターと山本雅史マネージング・ディレクター

「2020年F1第5戦で今季初優勝を飾ることができました。シルバーストンでのホンダの優勝としては1989年以来です」と山本雅史MD。ビデオメッセージを寄せた。

「70周年記念という特別なグランプリにおいて、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが予選から素晴らしい展開を見せ、見事ハードタイヤスタートで優勝を飾ることができました。皆さんの応援のおかげだと思っています」

「来週にはスペインGPが控えていますが、今日の経験を活かして第6戦を迎えたいと思います。本当に皆さんありがとうございます。日本は連休かと思いますが、ひとつ花を添えられたことを幸せに思います」

この日の勝利によってフェルスタッペンは、メルセデスのバルテリ・ボッタスを抜き去り、ドライバーズランキングで2位に浮上。合計77ポイントとして、首位のルイス・ハミルトンに対して30点差に迫った。

第6戦スペインGPは、8月14日~16日にカタロニア・サーキットで開催される。

F170周年記念GP特集