F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (11)
Courtesy Of Alfa Romeo Racing

ジェッダ市街地コース

  • Updated:
サーキットデータ
サーキット名Jeddah Corniche Circuit
所在国サウジアラビア
住所サウジアラビア、ジェッダ
設立年2021年
設計ヘルマン・ティルケ
全長 / コーナー数6,174m / 27
周回数50
ピット長 / 損失時間338m / 15.2秒
ターン1までの距離*1230m
平均速度250km/h
最高速度337km/h
エンジン負荷と全開率*2 74%
ブレーキ負荷
タイヤ負荷レベル
ダウンフォースレベル
グリップレベル
変速回数42回/周
SC導入率100%
WEBサイト www.saudiarabiangp.com
SNS instagram

*1 ポールポジションから最初の制動地点までの距離
*2 全開率は距離ではなくタイムベースで算出

ジェッダ市街地コース(英:Jeddah Corniche Circuit)は、サウジアラビアの首都リヤドに次ぐ第二の都市、ジェッダのウォーターフロントエリア、コーニッシュ(Corniche)に位置するストリートサーキットで、2021年12月3~5日に同国初となるF1サウジアラビアGPが開催された。

サウジアラビア政府当局は当初、リヤド南西のキッディヤ(Qiddiya)に常設サーキットの建設を計画していたが、2021年のグランプリ初開催に間に合わないため、ジェッダ中心部から北へ約12kmの紅海沿いのコーニッシュエリアにストリートサーキットを仮設した。

着工からイベント開催までは僅か8ヶ月しかなく、既存の道路を使用せずにゼロベースで作られた事もあり工事完了が危ぶまれていたが無事に開催へとこぎ着けた。また、ストリートサーキットでありながら専用のパドックエリアが設けられた。

路面作業を行う作業員、F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースにて2021年12月2日Courtesy Of Alfa Romeo Racing

路面作業を行う作業員、F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースにて2021年12月2日

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (13)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (13)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (12)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (12)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (16)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (16)

揺らめくF1サウジアラビアGPとF1の旗、2021年12月2日舞台ジェッダ市街地コースにて (3)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

揺らめくF1サウジアラビアGPとF1の旗、2021年12月2日舞台ジェッダ市街地コースにて (3)

コースレイアウト

当初全長は5.154kmと発表されていたが、後に6.175kmへと変更され、第1回大会を経てランオフエリアを増やし安全性を向上させるための変更が行われた事で6.174kmに修正された。

F1カレンダーの中で言えば、7.004kmのスパ・フランコルシャンに次いで2番目に長い。コーナー数は全27個(左:16 / 右:11)で、オーバーテイクの促進のために3箇所のDRS区間が設けられる。

DRSが3箇所に設置されるのはバーレーン、レッドブルリンク、エルマノス・ロドリゲスを含めてカレンダーで4会場のみだ。

ジェッダ市街地コースのコースレイアウト図

まずはターン1に向けた短いストレートを経て、左右と続くシケインが現れる。続いて幾多もの超高速コーナーを経てマシンは12度のバンク角を持つロング・ヘアピンのターン13を回り込む。

半分を折り返すと、再び流れるような高速コーナーが続く。そして最終ターン27を経て、スタート・フィニッシュラインに戻ってくる。オーバーテイク・ポイントはDRSゾーンが設けられるホームストレート終端のターン1と、ヘアピンのターン13の2箇所だ。

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (11)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (11)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (9)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (9)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (8)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (8)

全長が長いという事はそれだけ安全対策に費用が掛かるという事を意味する。デブリが観客席に届かないよう13kmに渡ってキャッチフェンスが立てられ、合わせて3,300枚のコンクリートウォールと3,000枚のTecProバリアが設置された。

特徴

カレンダー最多27コーナーも”史上最速のF1市街地コース”

アゼルバイジャンGPの舞台、バクー市街地サーキットを参考として設計されたこのコースは平均速度250km/hを上回る。これは264.4km/hを誇るモンツァに次ぐスピードだ。F1と現地プロモーターは「F1史上最速の市街地コース」を標榜する。

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (6)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (6)

公式ゲーム「F1 2021」に収録されたジェッダ市街地コースを走行するそのオンボード映像からは、如何にこのサーキットが高速であるかがよく分かる。

「無意味に危険」との批判

コーナー数は全27個とカレンダー最多だが、一般的な公道コースとは異なり、僅かに曲がっただけの高速ブラインドコーナーが多い。強力なダウンフォースを持つF1マシンにとって、その多くはエンジン全開であり、第1回大会ではストレートにすれば良いものをわざわざコーナーにしているとして、ドライバーから「無意味に危険」との批判が飛んだ

実際、2021年の第1回大会では2度の赤旗と4度のバーチャル・セーフティーカー(VSC)が導入され、計5台がクラッシュによってリタイヤを余儀なくされた。

コーナーの多くが240~315km/h程度の高速であるため大事故に繋がるリスクは高く、アクシデントの処理にも多くの時間を要する。

そこで2022年の第2回大会に向けてコースに変更が加えられたが、セーフティーバリアの僅かな位置調整など、どれも限定的な措置に留まった。

セルジオ・ペレスとシャルル・ルクレール、ジョージ・ラッセルとニキータ・マゼピンの多重クラッシュの様子、2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レースにてCourtesy Of Red Bull Content Pool

セルジオ・ペレスとシャルル・ルクレール、ジョージ・ラッセルとニキータ・マゼピンの多重クラッシュの様子、2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レースにて

クレーンで吊り下げられるクラッシュしたミック・シューマッハのハースVF-21、2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レースにてCourtesy Of Haas

クレーンで吊り下げられるクラッシュしたミック・シューマッハのハースVF-21、2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レースにて

クラッシュしたハースのニキータ・マゼピンを救出するFIAメディカルクルー、2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レースにてCourtesy Of Haas

クラッシュしたハースのニキータ・マゼピンを救出するFIAメディカルクルー、2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レースにて

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のリアに接触したルイス・ハミルトン(メルセデス)、2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レースにてCourtesy Of Red Bull Content Pool

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のリアに接触したルイス・ハミルトン(メルセデス)、2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レースにて

サウジ・モータースポーツ・カンパニーのマーティン・ウィテカーCEOは批判の声が上がったレイアウトについて、ドライバーからの反応は概ね好意的だと主張しつつも、2022年の第2回大会に向けて調整を行う計画を明らかにした

高いエンジン全開率、鍵になるエネルギーマネジメント

コース全長が長いため、パワーユニット・サプライヤーのエネルギーマネジメントの腕及び、MGU-Hを含むハイブリッドシステムの性能が問われる事になる。

時速310kmオーバーのロングストレートが3箇所ある事から、スパ・フランコルシャンやモンツァ・サーキットに匹敵するエンジン全開率を誇る。1周の約79%区間はフルスロットルだ。

ハイグリップ・低デグラの新舗装

敷設されたばかりの路面は非常に滑らかで、高いグリップ力を提供する。タイヤのオーバーヒートも少なく、摩耗やデグラデーションは小さい。

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (19)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (19)

オーバーテイクとリタイヤ統計

オーバーテイク リタイヤ
通常 DRS 接触 機械的問題
2021年 3回 15回 5台 0台

コースレコード

タイム ドライバー チーム
ラップレコード 1:30.734 ルイス・ハミルトン メルセデス 2021年
コースレコード 1:27.511 ルイス・ハミルトン メルセデス 2021年

F1サウジアラビアGP歴代ウィナーとポールシッター

開催年 ドライバー チーム タイム
2022 優勝 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1:24:19.293
ポールポジション セルジオ・ペレス レッドブル 1:28.200
2021 優勝 ルイス・ハミルトン メルセデス 2:06:15.118
ポールポジション ルイス・ハミルトン メルセデス 1:27.511

設計はヘルマン・ティルケ

設計を手掛けたのは、35年間に渡って数々のレーストラックの設計・改修を手掛けてきた事で知られるヘルマン・ティルケ事務所。コースデザインの最重要課題はオーバーテイクに設定された。

サウジアラビアのモータースポーツ連盟会長を務めるハリド・ビン・スルタン・アル・ファイサル王子はティルケ起用の理由を次のように説明した。

「時間が限られていたため迅速に作業を進めなければならず、ティルケに直接依頼するのが最善の選択肢だと判断した。我々はストリートと常設の両方のトラック設計の実績を持つ人物を望んでいた」

サーキットの場所と航空写真

写真

2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レース、スタート直前のホームストレートCourtesy Of Red Bull Content Pool

2021年12月5日F1サウジアラビアGP決勝レース、スタート直前のホームストレート

2021年12月5日のF1サウジアラビアGP決勝後の表彰台セレモニーの様子Courtesy Of Red Bull Content Pool

2021年12月5日のF1サウジアラビアGP決勝後の表彰台セレモニーの様子

闇夜に包まれたジェッダ市街地コースを周回するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年12月4日F1サウジアラビアGP予選にてCourtesy Of Red Bull Content Pool

闇夜に包まれたジェッダ市街地コースを周回するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年12月4日F1サウジアラビアGP予選にて

ジェッダ市街地コースの最終コーナーで壁に激突し、クルマを降りたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年12月4日F1サウジアラビアGP予選にてCourtesy Of Red Bull Content Pool

ジェッダ市街地コースの最終コーナーで壁に激突し、クルマを降りたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年12月4日F1サウジアラビアGP予選にて

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (15)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (15)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (14)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (14)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (13)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (13)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (7)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (7)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (3)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (3)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (2)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (2)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (1)Courtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (1)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの看板、2021年12月2日 (3)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの看板、2021年12月2日 (3)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの案内図、2021年12月2日Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの案内図、2021年12月2日

サウジアラビアGP仕様のF1セーフティーカーのアストンマーチン・ヴァンテージ、2021年12月2日ジェッダ市街地コースにてCourtesy Of Aston Martin Lagonda Limited

サウジアラビアGP仕様のF1セーフティーカーのアストンマーチン・ヴァンテージ、2021年12月2日ジェッダ市街地コースにて

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (21)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (21)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (20)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (20)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (18)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (18)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (17)Courtesy Of Alfa Romeo Racing

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースの風景、2021年12月2日 (17)

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースを歩くアルファタウリ・ホンダの角田裕毅、2021年12月2日Courtesy Of Red Bull Content Pool

F1サウジアラビアGPの舞台ジェッダ市街地コースを歩くアルファタウリ・ホンダの角田裕毅、2021年12月2日