イモラ・サーキットのホームストレート、2020年F1エミリア・ロマーニャGPにて
copyright Daimler AG

イモラ・サーキット

  • Updated:
サーキットデータ
サーキット名イモラ・サーキット
所在国イタリア
住所Piazza Ayrton Senna da Silva, 1 40026 Imola, Italia
設立年1953年
設計改修時:ヘルマン・ティルケ
全長 / コーナー数4,909m / 21
周回数63
ピット長 / 損失時間529m / 24秒
ターン1までの距離*1605m
平均速度209.4km/h
最高速度329km/h
エンジン負荷と全開率*2 73%
ダウンフォースレベル
変速回数40回/周
SC導入率100%
WEBサイト www.autodromoimola.it
SNS

*1 ポールポジションから最初の制動地点までの距離
*2 全開率は距離ではなくタイムベースで算出

イモラ・サーキットとは(英:Imola Circuit)、イタリアのイモラ市にあるサーキット。イタリア語での正式名称はアウトードロモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ(Autodromo Internazionale Enzo e Dino Ferrari)で、フェラーリ創業者のエンツォ・フェラーリとその息子のディーノを記念して名付けられた。1989年のエンツォの死を機に、アウトードロモ・ディーノ・フェラーリから改称された。

1国1開催を原則とすることになった2007年以後、F1イタリアGPの舞台はモンツァ・サーキットへと移った。F1カレンダーから脱落した後、ヘルマン・ティルケ監修のもと全面改修された。

これによりイモラは、F1のテスト走行ができる「グレード1T」認証へと格下げされたものの、2011年に再度、FIAの最高認証ライセンス「グレード1」の格付けを取得。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で再編が行われたF1カレンダー入りを目指して、2020年にライセンスを更新し、第13戦F1エミリア・ロマーニャGPの舞台として14年ぶりにF1に復活した。

イモラ・サーキットのピットビル、2020年F1エミリア・ロマーニャGPにて
© Red Bull Content Pool

イモラ・サーキットで開催されたF1 Clienti/XX Programmes

かつてはF1を始めとしてGP2シリーズやMotoGP、世界ツーリングカー選手権(WTCC)、ルマン・シリーズ等の選手権が開催された。現在(2020年)はフェラーリ・チャレンジ、イタリアF4、スーパーバイク世界選手権、フォーミュラ・ルノー・ユーロカップなどをホストしている。

コースレイアウト

イモラ・サーキットのコースレイアウト図 2021年F1エミリア・ロマーニャGP用

全長4,909mの内の71.39%(約3,505m)がストレートで、右コーナーが9.81%(約482m)、左コーナーが18.77%(約921m)という構成のレイアウト。ただし各ストレートの長さが短いため、冷却に使える時間が少なくブレーキに厳しい。

平均速度は200km/hと、2021年のF1カレンダーの中ではシルバーストーン(約205km/h)、鈴鹿(約210km/h)に次いで3番目に高い。路面グリップが高くコーナー出口が直線的であるため、コーナー脱出の加速度(gLongフォース)平均が1.5Gと、シーズンを通じて最も高い。

反時計周りはF1カレンダーの中では珍しく、インテルラゴス、バクー、COTA、ジェッダ、マリーナベイ、ヤス・マリーナと、2021年シーズンの中では7つのみだ。

ラップタイムの約73%はエンジン全開状態で、これは2021年のF1トラックの中で3番目に高い。これには最終コーナーの出口からターン2のブレーキングまでの約15秒間が含まれる。

イモラ・サーキットを走行するレッドブル・ホンダRB16、2020年F1エミリア・ロマーニャGPcopyright Red Bull Content Pool

イモラ・サーキットを走行するレッドブル・ホンダRB16、2020年F1エミリア・ロマーニャGP

コーナーの種類が豊富であるため、マシンの作動領域を広範に確保する必要がある。これはソチ・オートドロームのように全てのコーナーが似通った速度となるサーキットとは正反対だ。様々な速度域のコーナーでパフォーマンスを発揮するマシンが求められる。

路面はかなりバンピーで大型の縁石もあるためドライバーやマシンへの影響は大きく、チームとしては乗り心地(ショック吸収)と空力の間で上手くバランスを取ってセットアップの妥協点を見つける必要がある。

イモラ・サーキットのコース
© Pirelli & C. S.p.A.

困難なオーバーテイク

近代的なサーキットとは異なりコース幅が狭くオーバーテイクが難しい。過去28回のレースの内、ポール・トゥ・ウインは9回と、予選順位が決定的な意味を持つ。そのため、予選ポジションと戦略が重視される。イモラ以上に追い抜きが難しいのはモナコとシンガポールのみだ。

ピットレーンは528メートルと、2021年のF1カレンダーの中で最も長く、ロスタイムが約24.8秒と非常に大きいため、基本的にチームは1ストップ戦略を取る事になる。

オーバーテイク リタイヤ
通常 DRS 接触 機械的問題
2020年 1回 3回 2台 3台

魔の1994年サンマリノGP

イモラを語る上で避けて通れないのが1994年のサンマリノグランプリだ。そう、アイルトン・セナが、ローランド・ラッツェンバーガーが事故死したあのグランプリだ。

  • フリー走行、ジョーダンのルーベンス・バリチェロがコースアウトし横転。鼻骨を骨折。
  • 予選、シムテックのローランド・ラッツェンバーガーのマシンのフロントウイングが脱落。時速300km/hでコンクリート壁に激突し死亡。
  • 決勝、ベネトンのJ.J.レートにロータスのペドロ・ラミーが追突。壊れたパーツが観客席に飛散し数名が怪我。
  • 決勝、上記クラッシュによるセーフティーカー退出直後1周目にウイリアムズのアイルトン・セナがクラッシュ。帰らぬ人となる。
  • 決勝、ピットインしたミケーレ・アルボレートのリヤタイヤが外れ、ロータス・フェラーリのピットクルーに直撃し重傷。

セナが死亡事故にあったタンブレッロ・コーナーの近くには、故人を偲ぶ銅像が建てられており、その周りにはファンによる手書きのメッセージや献花、ブラジル国旗、ポスターや帽子などが絶えず飾られている。このモニュメントがあるエリアには無料で入る事が出来る。

タンブレッロ・コーナー脇に設置されたアイルトン・セナの銅像
© Red Bull Content Pool

タンブレッロ・コーナー脇に設置されたアイルトン・セナの銅像を見つめるレーシング・ポイントF1チームのセルジオ・ペレス、2020年F1エミリア・ロマーニャGP
セナの銅像を見つめるレーシング・ポイントF1チームのセルジオ・ペレス、2020年F1エミリア・ロマーニャGPにて / © Racing Point

タンブレッロ・コーナー脇に設置されたアイルトン・セナの銅像 拡大
© Red Bull Content Pool

コースレコード

2020年のカレンダー復帰まで、決勝レースで計測される史上最速の”ラップレコード”は2006年にフェルナンド・アロンソ(ルノー)が記録した1分24秒795、”コース・レコード”は同じ2006年にミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が予選で記録した1分22秒795であったが、いずれも9秒近く更新される事となった。

タイム ドライバー チーム
ラップレコード 1:15.484 ルイス・ハミルトン メルセデス 2020年
コースレコード 1:13.609 バルテリ・ボッタス メルセデス 2020年

改修の歴史

再開発計画の一環としてコース及び周辺施設の改修が2006年11月に開始され、2007年9月に完成した。

更に2009年夏には、国際モーターサイクル連盟のホモロゲーション要件を満たすためにピットレーンの前のシケインに調整が加えられた。また、2011年8月にはコースの70%を対象として路面の再舗装工事が行われている。

現在はシケインのタンブレッロだが、かつては危険な超高速コーナーであった。

1987年にはネルソン・ピケが、1989年にはゲルハルト・ベルガーが、1992年にはリカルド・パトレーゼがぞれぞれクラッシュを喫し、そして1994年にはアイルトン・セナがレース中の事故によって死亡。その前日に行われた予選でローランド・ラッツェンバーガーが死亡した事と合わせて、タンブレッロとヴィルヌーブはそれぞれシケインに改修された。

サーキット豊富なエミリア・ロマーニャ州

エミリア・ロマーニャ州には5つものサーキットが存在する。イモラはその中で唯一F1が開催されたサーキットだ。

ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ(4.226km)は定期的にMotoGPが開催されているコースで、ダラーラが建設したリカルド・パレッティ・サーキット・イン・ヴァラノ・デ・メレガリ(2.360km)は主にテストに使われている。

2011年にオープンしたモデナ・サーキット(2.007km)は、主にドライビング・スクールとして使用されており、地元ドライバー達が自家用車を持ち込んで走行を楽しんだりする。

1972年オープンのフィオラノ・サーキットは8の字レイアウトが特徴の2.976kmのフェラーリが所有するテストコースで、過去半世紀に渡ってマラネロで製造された全てのレースカーとロードカーの初走行の場となってきた。

サーキットの場所と航空写真

写真

グラベルに飛び出るメルセデスAMGペトロナスF1チームのバルテリ・ボッタスと、後方からチャンスを伺うレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2020年F1エミリア・ロマーニャGP決勝レースにてcopyright Red Bull Content Pool

グラベルに飛び出るメルセデスAMGペトロナスF1チームのバルテリ・ボッタスと、後方からチャンスを伺うレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2020年F1エミリア・ロマーニャGP決勝レースにて

夕焼け時のイモラ・サーキットを走行するアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、2020年F1エミリア・ロマーニャGP予選にてcopyright Red Bull Content Pool

夕焼け時のイモラ・サーキットを走行するアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、2020年F1エミリア・ロマーニャGP予選にて

イモラ・サーキットで開催された2019年イタリアF4選手権第5戦

イモラ・サーキット

イモラ・サーキットで開催された2019年イタリアF4選手権第5戦