スクーデリア・トロ・ロッソcopyright scuderiatororosso.com

スクーデリア・トロ・ロッソ

  • 最終更新:

チームデータ

チーム名
スクーデリア・トロ・ロッソ
国籍
イタリア
本拠地
ファエンツァ
参戦初年度
2006年
@ToroRossoSpy
@tororosso
instagram
@officialtororosso
WEBサイト
www.scuderiatororosso.com

スクーデリア・トロ・ロッソとは、レッドブルがミナルディF1を買収して設立したイタリアのレーシングコンストラクターのこと。レッドブルのオーナーであるディートリヒ・マテシッツが全ての株式を所有しており、レッドブル・レーシングの2ndチームとして2005年からF1に参戦している。Toro Rossoはイタリア語で”赤い雄牛”を意味する。

レッドブル若手ドライバー育成プログラムのドライバーを実戦で鍛え上げるのが役割。同チームにて経験を積み才能が認められれば、本家レッドブル・レーシングへ昇格させるシステムが取られている。4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルや、史上最年少F1ドライバーとなったマックス・フェルスタッペンと言った実力ある若手を輩出している。

チーム代表は、元レーシングドライバーのフランツ・トスト(オーストリア)。2012年より技術責任者を務めるジェームス・キーは、限られた予算で競争力のあるマシンを開発、トロ・ロッソは中堅の雄として印象的なパフォーマンスを見せ続けている。2017年はダニール・クビアトとカルロス・サインツがレーシングドライバーを務める。

Toro Rosso photo
creativeCommonsMimolalen

2017年9月、イギリスの名門マクラーレンにエンジンを供給しているホンダが、17年限りでマクラーレンと手を切り、翌18年よりトロ・ロッソと契約する方向で交渉を行っていると伝えられた。