山本尚貴、トロロッソ・ホンダのガレージ前にてcopyright Honda Motor Co., Ltd

山本尚貴、F1初走行へ「応援してくれた全ての人の想いを背負って全力で走ります」

  • 最終更新:

自身初のF1ドライブに向けて、山本尚貴がソーシャルネットワークを通じてその想いを語った。トロロッソ・ホンダは、11日に鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GP金曜フリー走行1回目のセッションで、レギュラーのピエール・ガスリーに代えて山本尚貴にステアリングを託す。

「今回このような素晴らしい機会を僕に与えてくださり、ご尽力頂きました皆様、そして今回の僕の挑戦に際してご理解くださいました関係各位に心から感謝申し上げます」

「それから昨年ダブルタイトルを獲得させてくれたTEAM MUGEN、TEAM KUNIMITSUそしてパートナーのジェンソンバトン選手にも改めて感謝の思いでいっぱいです」

「プラス、マイナス様々な意見や感想があることは僕も重々承知していますが、それでも自分の思いに正直になり、たくさんの方々がこのチャンスを僕に与えてくださったので思い切りやらせて下さい!」

「週末の鈴鹿は台風次第では観戦される方は大変な思いをされてしまうかもしれませんね。移動等くれぐれもお気を付けて」

「ここまで僕を応援してくださった全ての皆さんの想いを乗せて貴重な母国GPのグランプリウィークを過ごしていきたいと思います。F1ファンの皆さん、そして国内外のレースファンの皆さんもどうぞ宜しくお願いします!」

国内最高峰のスーパーフォーミュラとSUPER GTで2冠を達成している事もあり、海外では「日本のエースが遂に登場」といった見出しが踊るなど、日本だけでなく海外からも山本尚貴の走りに高い注目が集まっている。

F1日本GP特集