トヨタGRスープラ2020年仕様特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”copyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

トヨタ、スープラ改良…エンジン出力14%向上 限定100台の特別仕様「Horizon blue」も

  • Published:

TOYOTAはGRスープラを一部改良するとともに、100台限定の特別仕様車RZ「Horizon blue edition」を設定し、2020年10月を目処に全国のトヨタ車両販売店で発売を開始する。外板色には、27台限定販売のマットストームグレーメタリックを含む全7色を設定した。価格は499万5千円(税込)から。

今回の一部改良では、RZの3リッターエンジンの出力を285kW(387PS)/5,800rpm(従来型比+14%)に向上させた。また、フロント部にブレースを追加してボディ剛性を強化すると共に、これに合わせてサスペンションを再チューニング。コーナリング中の走行安定性を高めた。

従来型 新型
最高出力(kW[PS]/rpm) 250[340] / 5,000 285[387] / 5,800
最大トルク(N·m[kgf·m]/rpm) 500[51.0] / 1,600 – 4,500 500[51.0] / 1,800 – 5,000
重量(kg) 1,520 1,530
0-100km/h加速(秒) 4.3 4.1

特別仕様車のRZ「Horizon blue edition」は、RZをベースにブルーをまとわせた特別仕様で、100台の台数限定販売となる。外板色には新規採用色のホライズンブルーをペイントし、足元にはマットブラック塗装の19インチ鍛造アルミホイールを履く。

インテリアでは、表皮にアルカンターラとブラックの本革を組みあわせたシートを採用。またシート表皮をはじめ、インストルメントパネルやドアトリム、ステアリングホイールなど、随所にブルーステッチを施され、鮮やかな青色で統一される。

トヨタGRスープラ2020年仕様特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”外装

トヨタGRスープラ2020年仕様特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”外装リア

トヨタGRスープラ2020年仕様特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”ドライバーズシートとインテリア

トヨタGRスープラ2020年仕様特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”室内

トヨタGRスープラ2020年仕様特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”ステアリングのステッチ

限定27台のRZ(マットストリームグレーメタリック)は4月28日(火)から5月24日(日)までの約1ヶ月間に渡ってWeb限定で商談申し込みを受け、抽選のうえ10月頃より販売予定する。限定100台の特別仕様車RZ「Horizon blue edition」は取扱い販売店にて4月28日(火)より注文受付を開始し、成約順に100台を販売する。

エンジン ミッション 駆動 価格
SZ B48 (2.0ℓ) 8速スポーツAT FR 4,995,000円
SZ-R 6,013,000円
RZ B58 (3.0ℓ) 7,313,000円
特別仕様車
RZ Horizon blue edition
7,413,000円

価格は税込。沖縄のみ価格が異なる。価格にはリサイクル料金は含まれない。限定車RZのマットストームグレーメタリックは、オプション価格として352,000円(消費税込み)が必要。