マリーナベイ・ストリート・サーキットを走るセバスチャン・ベッテルのフェラーリSF71Hcopyright Ferrari S.p.A.

フェラーリ 盤石の仕上がりで他を寄せ付けずベッテルが最速 / F1シンガポールGP《FP3》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2018年F1第15戦シンガポールGP土曜3回目のフリー走行が現地9月15日に行われ、スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分38秒054を記録し、2番手につけた相方キミ・ライコネンを0.362秒差で退け、公式予選前最後のプラクティス走行でタイムシート最上部につけた。

マリーナベイでのチーム間勢力図を表すかのように、上位6台は綺麗に”色”が揃った。3番手にはメルセデスのルイス・ハミルトン、4番手にはチームメイトとのバルテリ・ボッタス。5番手にはレッドブルのダニエル・リカルド、6番手には相棒のマックス・フェルスタッペンが並び、序列がクッキリと表れた形となった。

フェラーリとメルセデスのギャップは0.5秒、フェラーリとレッドブルの差は1.1秒。一発のタイムに関してはフェラーリに太刀打ち出来るチームは見当たらない。加えて、レッドブルには信頼性の影が付きまとう。フェルスタッペンは「エンジンから凄く不気味な音がするんだけど。なんなのこれ。ヤバイんだけど」と訴え、パワーユニットに対する不安を訴え続けた。

予選結果を占うセッションは気温30℃、路面37℃のドライコンディションで現地18時にスタートした。各車、路面の改善と気温の低下に従ってラップタイムを更新。決勝結果に決定的な影響を及ぼす予選に向けて準備を整えていった。FIAはターン7の出口に設置された縁石の反対側に黄色のラインを設置。トラックリミットを設定した。

マリーナベイ・ストリート・サーキット、夕暮れ時の開催となったF1シンガポールGPのFP3
© Getty Images / Red Bull Content Pool、トワイライトからナイトへと変化するマリーナベイ市街地コース

初日に躓いたトロロッソ・ホンダ勢は、ピエール・ガスリーが最速ベッテルから2.632秒落ちの14番手。ブレンドン・ハートレーは同3.5秒落ちの17番手という結果となった。初日よりもギャップを縮めたガスリーではあるが、ステアリングに不具合が発生。右側に引っ張られるトラブルを訴えていた。

ミッドフィールド最速はハースのロマン・グロージャン。チームメイトのケビン・マグヌッセンを12番手に置き去りにし、見事7番手タイムを刻んだ。ストロールマネーによって豊富な資金を得たレーシングポイントは今週末、マシンに新たなパーツを多数導入。エステバン・オコンが8番手、セルジオ・ペレスが9番手と、2台揃ってトップ10に入れ込んでみせた。

マクラーレン勢はまたも2台で明暗が分かれた。今季限りでのF1引退を決めたとは言え、未だ一級レベルのステアリング捌きをみせるフェルナンド・アロンソは10番手。15番手に留まったストフェル・バンドーンに0.544秒差をつけて、予選Q3進出の目標達成に向けて順調な仕上がりをみせた。

F1シンガポール・グランプリのスターティンググリッドを決する公式予選は、日本時間9月15日土曜22時からマリーナベイ・ストリート・サーキットで行われる。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:38.054 19
2 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:38.416 +0.362 16
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:38.558 +0.504 14
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:38.603 +0.549 17
5 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:39.186 +1.132 14
6 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:39.265 +1.211 10
7 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:39.747 +1.693 14
8 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:40.073 +2.019 14
9 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:40.231 +2.177 14
10 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 1:40.254 +2.200 10
11 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:40.450 +2.396 17
12 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:40.559 +2.505 13
13 55 カルロス・サインツ ルノー 1:40.591 +2.537 14
14 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:40.686 +2.632 16
15 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 1:40.798 +2.744 15
16 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 1:40.915 +2.861 20
17 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1:41.562 +3.508 18
18 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 1:41.884 +3.830 19
19 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:41.953 +3.899 18
20 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:42.220 +4.166 18

コンディション

天気
晴れ
気温
30℃
路面温度
37℃

レース概要

グランプリ名
シンガポールGP
レース種別
フリー走行3
レース開始日時
サーキット名
マリーナベイ・ストリート・サーキット
サーキット設立
2008年
コース全長
5063m
コーナー数
23
周回数
61周
周回方向
反時計回り

F1シンガポールGP特集