copyright Mercedes AMG

ハミルトンが通算69勝目!ベッテルは戦略ミスで2位表彰台を逃す / F1シンガポールGP《決勝》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2018シーズンFIA F1世界選手権 第15戦シンガポールGP決勝レースが9月16日(日)に行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウイン。危なげないレース運びで2位レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン7秒近く引き離し、キャリア通算69勝目、シンガポールGP 2連覇を果たした。

3位表彰台にはスクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテル。3番グリッドからのスタート後に2番手に躍り出たものの、ピットストップ戦略の失態によって再び3番手に後退。結局そのままフィニッシュする事となり、タイトル争いでのハミルトンとの差は40ポイントに拡大。悔しいレースとなった。上位6台はスターティンググリッドの並びそのままにチェッカーを受けた。

トロロッソ・ホンダ勢はピエール・ガスリーが14位、ブレンドン・ハートレーは17位という結果に終わり、目標としていた入賞を果たせずレースを終えた。ロマン・グロージャンがブルーフラッグ無視のために5秒加算ペナルティを受けたため、ガスリーのリザルトは一つ繰り上がり最終13位で記録された。

ミッドフィールド最上位はマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。第一スティントを長く引っ張った事が功を奏し7位でフィニッシュした。8位と9位に続いたカルロス・サインツとシャルル・ルクレールも、アロンソ同様にタイヤ戦略が吉と出た。

F1シンガポールGPでウィリアムズの2台とのバトルを繰り広げるトロロッソ・ホンダSTR13
© Getty Images / Red Bull Content Pool

前戦イタリアGPから2週間を経て行われたアジアラウンド開幕戦は、F1史上初のナイトレースが行われた超低速のマリーナベイ・ストリート・サーキット。決勝は、日没を迎えた現地16日(日)20時10分にブラックアウトを迎え、1周5,063mのコースを61周する事で争われた。

チャンピオンシップポイントを争う決勝のフォーメーションラップは気温29℃、路面34℃のドライコンディションで開始。レース序盤から時折、コースの一部で軽い降雨があったものの、本格的に降り出すことはなく、終始乾いた路面でのレースとなった。

伊タイヤメーカーのピレリは、ハイパーソフト(桃)、ウルトラソフト(紫)、ソフト(黄)の3種類のコンパウンドを投入。上位10台は中古のハイパーソフト、10位以降は多くがウルトラソフトの新品でグリッドについた。トロロッソ・ホンダ勢のみ蹴り出しの良さを期待して新品ハイパーをチョイス。最後尾のランス・ストロールはソフトを選びレースに臨んだ。

例年通り、今年のレースもオープニングラップからクラッシュが発生。レーシングポイント・フォースインディアの2台が同士討ちを喫した。コーナリングの際にアウト側にいたエステバン・オコンがイン側のセルジオ・ペレスに壁に追いやられる形で接触。ペレスは生き残ったものの、オコンはマシン右側を大破し早々にリタイヤを喫した。

セーフティーカー導入までの僅かの間に、ベッテルが2番手フェルスタッペンを7コーナーのブレーキングでオーバーテイク。鬼気迫る走りでハミルトン追撃体制を築いたが、この後のピットストップでの判断ミスの結果、手中に入れた2位表彰台をフェルスタッペンに譲る事となった。

最初にタイヤ交換に動いたのは2番手ベッテル。15周目にウルトラソフトタイヤに履き替え、7番手で混雑する隊列の中に戻った。その翌周、先頭のハミルトンがアンダーカットを防ぐべくピットイン。ソフトタイヤに履き替え、ベッテルの前5番手でコースに復帰した。ハミルトンは1ストップ戦略を採用、両者は異なる戦略を採用した。

18周目、トラフィックとは無関係に先頭を快走していたフェルスタッペンがピットインしてソフトタイヤにチェンジ。集団の中で頭を塞がれペースが上げられずにいたベッテルの前、4番手でコースに戻った。ベッテルはコースアクションで手に入れたポジションを、チームオペレーションで失う事となった。

黄旗が出たのは1度のみであったが、全19台のマシンはコース上の至る所で激しいバトルを展開。幾つものインシデントが審議にかけられ、レース中には多数ペナルティが科せられる事となった。

34周目、13番手を争っていたペレスが強引にセルゲイ・シロトキンの前に出ようとして接触。タイヤをパンクさせ緊急ピットイン、隊列最後尾に下がった。レーススチュワードはペレスの責任は重いと判断。ドライブスルーペナルティの裁定を下した。

接触によってクルマを破損したシロトキンに対し、ロマン・グロージャンが連続攻撃を開始。バトルに集中するあまり、グロージャンは後ろから近づいていたラップリーダーのハミルトンの走行を妨害。ブルーフラッグを無視したとして5秒ペナルティが科せられた。シロトキンにはその後、ポジションを争っていたハートレーをコース外に追いやったとして、5秒ペナルティが科せられた。

最も活躍したドライバーに贈られる”ドライバー・オブ・ザ・デイ”はマックス・フェルスタッペン。ファステストラップは、1分41秒905を記録したケビン・マグヌッセンが獲得した。

順位とタイム

Pos No Driver Team Laps Time PTS
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 61 1:51:11.611 25
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 61 +8.961 18
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 61 +39.945 15
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 61 +51.930 12
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 61 +53.001 10
6 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 61 +53.982 8
7 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 61 +103.011 6
8 55 カルロス・サインツ ルノー 60 +1 lap 4
9 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 60 +1 lap 2
10 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 60 +1 lap 1
11 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 60 +1 lap 0
12 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 60 +1 lap 0
13 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 60 +1 lap 0
14 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 60 +1 lap 0
15 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 60 +1 lap 0
16 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 60 +1 lap 0
17 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 60 +1 lap 0
18 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 59 +2 laps 0
19 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 59 +2 laps 0
NC 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 0 DNF 0

コンディション

天気
晴れ
気温
29℃
路面温度
34℃
周回数
61

レース概要

グランプリ名
シンガポールGP
レース種別
決勝
レース開始日時
サーキット名
マリーナベイ・ストリート・サーキット
サーキット設立
2008年
コース全長
5063m
コーナー数
23
周回数
61周
周回方向
反時計回り

F1シンガポールGP特集