F1シンガポールGP1回目のフリー走行を走るレッドブル・レーシングcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

レッドブルが得意のマリーナベイ市街地コースで跳馬を抑え1-2発進!/ F1シンガポールGP《FP1》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

アジアラウンドの始まりを告げるシーズン15戦目のF1シンガポールGPが現地9月14日にマリーナベイ・ストリート・サーキットで開幕を迎え、日本時間17時30分から金曜1回目のフリー走行が行われた。

グランプリ一発目のセッションを制したのはレッドブル・レーシングのダニエル・リカルド。1分39秒711を記録してトップに立った。2番手は0.201秒差でマックス・フェルスタッペン。選手権争いを繰り広げる強豪2チームを退けて、レッドブルが1-2スタートを切った。

伝統的にレッドブルとフェラーリが速さを見せるシンガポール。レーキ特性故に低速ダウンフォースで劣るメルセデスは、例年この市街地コースで苦労する。夜間に行われる予選や決勝とは異なり、夕暮れ時の開催となるFP1。各チーム共に、コースとマシンの感触を確かめるに留めたため、タイムシートにはあまり大きな意味はない。

当初雨が予想されていたものの金曜のシンガポールは晴れ渡り、セッションは気温32℃、路面温度45℃のドライコンディションでスタート。公式タイヤサプライヤーのピレリはハイパーソフト、ウルトラソフト、ソフトの3種類のコンパウンドを持ち込んだ。陽が落ちるにつれ気温が低下、チェッカーフラッグの時には気温31℃、路面39℃にまで下がった。

晴天に恵まれたマリーナベイ・ストリート・サーキット、2018年F1シンガポールGP FP1
© Getty Images / Red Bull Content Pool、晴天に恵まれたマリーナベイ・ストリート・サーキット

3番手はスクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテル、4番手には今季限りで跳ね馬を去るキミ・ライコネンが続いた。SF71Hには新しいアップグレードが搭載され、チームはフロービズで空力確認を実施。改良版のリアウイングとバージボードの効果をチェックした。

メルセデス勢は5番手につけたルノーのニコ・ヒュルケンベルグに先行を許し、ルイス・ハミルトンが6番手、バルテリ・ボッタスが8番手という結果。ロングランに集中して取り組み、ハイパーソフトを履くことなくマシンを降りた。7番手はカルロス・サインツ。ルノー勢はミッドフィールドの中で唯一、低速・高速の別を問わず安定した速さを見せている。

9番手はザウバーのシャルル・ルクレール。フェラーリ昇格のニュースに気負い過ぎたか、セッション最終盤にアンダーソンブリッジの出口でイン側のコンクリートウォールに接触。右サスペンションを破損した。「ごめんなさい。。僕のミスだ」とルクレール。無線を通じて素直にチームに謝罪した。

トロロッソ・ホンダ勢は、ブレーキの不具合を訴えていたピエール・ガスリーが16番手。ブレンドン・ハートレーはチームメイトにコンマ2秒遅れ17番手という結果に終わった。マクラーレン勢は、フェルナンド・アロンソが14番手タイムをマークした一方、チーム上層部に不信感を募らせているストフェル・バンドーンは、ここ数戦の定位置である20番手最下位に甘んじた。

2018年F1第15戦シンガポールグランプリ2回目のフリー走行は、日本時間9月14日(金)21時30分から1時間半の日程で開催される。

順位とタイム

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:39.711 27
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:39.912 +0.201 27
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:39.997 +0.286 23
4 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:40.486 +0.775 21
5 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:41.105 +1.394 26
6 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:41.232 +1.521 28
7 55 カルロス・サインツ ルノー 1:41.329 +1.618 23
8 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:41.429 +1.718 28
9 16 シャルル・ルクレール ザウバー・フェラーリ 1:42.035 +2.324 24
10 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:42.108 +2.397 21
11 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:42.408 +2.697 23
12 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:42.412 +2.701 25
13 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:42.452 +2.741 20
14 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ルノー 1:42.630 +2.919 23
15 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:43.177 +3.466 25
16 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:43.240 +3.529 25
17 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1:43.485 +3.774 30
18 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:43.849 +4.138 30
19 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ・メルセデス 1:44.036 +4.325 29
20 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ルノー 1:45.160 +5.449 11

コンディション

天気
晴れ
気温
32℃
路面温度
45℃

レース概要

グランプリ名
シンガポールGP
レース種別
フリー走行1
レース開始日時
サーキット名
マリーナベイ・ストリート・サーキット
サーキット設立
2008年
コース全長
5063m
コーナー数
23
周回数
61周
周回方向
反時計回り

F1シンガポールGP特集