シルバーストン・サーキットでシェイクダウンを行うRB15copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

レッドブル・ホンダ、2020年型F1マシン「RB16」をバルセロナテスト1週間前に発表か?

  • 最終更新:

現時点で正式発表はないものの、レッドブル・ホンダは2020年型のF1マシン「RB16」を、2月12日(水)に発表するようだ。独Motorsport-Magazinが報じた。前日11日(火)は、スクーデリア・フェラーリが新車発表会を行う。

以前は大規模なプレゼンイベントが流行っていたが、開発スケジュールがタイトになった事もあり、近年のF1新車発表会は多くの場合、レンダリング画像を公開するだけとなっており、規約で許可されたプロモーションイベントを活用してシェイクダウンを実施するのがトレンドだ。

昨年のレッドブル・ホンダは、スタジオ撮影されたカモフラージュ柄のマシンを公開し、英国シルバーストーン・サーキットでシェイクダウンを行った。2020年も同じように、迷彩柄のマシンが画像公開された後に、公式テストを前にマシンのシステムチェックと初の実走行が行われる可能性が高い。

姉妹チームの旧スクーデリア・トロロッソは「アルファ・タウリ」へと改名するため、2月14日にザルツブルクのハンガー7で大体的な発表イベントが行われるが、レッドブル・ホンダはエイドリアン・ニューウェイの最新作をオンライン上で発表するものとみられる。

RB16の発表の1週間後の2月19日には、スペイン・バルセロナで公式プレシーズンテストが開幕を迎える。