カタロニア・サーキットを疾走するトロロッソ・ホンダcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

トロロッソ、18年仕様ホンダエンジン「RA618H」で最高速度3番手を記録 / 第二回 F1バルセロナテスト2日目

  • 最終更新:

昨シーズンまで再三に渡って「遅い」とこき下ろされ続けてきたホンダエンジンだが、2018年仕様の「Honda RA618H」がその批判を過去のものとするのは時間の問題なのかもしれない。

3月7日に行われた第二回F1バルセロナテスト2日目、この日トロロッソ・ホンダのテストを担当したブレンドン・ハートレーは、時速324.3kmのスピードトラップを記録し、最高速度ランキングで3番手につけた。STR13はメルセデスW09のバルテリ・ボッタスが記録した323.3km/hを凌ぐスピードを示した。

ハートレーよりも速かったのは、フォース・インディアVJM11のエステバン・オコンと、フェラーリSF71Hのセバスチャン・ベッテルの2名のみ。トロロッソ・ホンダは第一回テスト最終日にも最高速度ランキングで4番手につけている。

もとより、マクラーレン・ホンダ時代にも度々上位に食い込むスピードを記録していたが、同チームの車体は空気抵抗値が大きい事に加え、過剰とも言えるダウンフォースを付ける傾向があったため、多くのイベントで後方に沈んでいた。

最高速とラップタイムにはさほど相関性がなく、高いダウンフォースが必要とされるカタロニア・サーキットにおいては特にその傾向が強い。また、昨年のマクラーレンが示したように、セットアップの影響を多分に受けるため、最高速一つを切り出してみてもあまり意味がないとも言える。

とは言え、遅いの一言で片付けられていた昨年を思えば、中々に興味深いデータであることは確かだ。

Pos. Driver Team km/h PU
1 エステバン・オコン フォース・インディア 327.2 メルセデス
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 326.2 フェラーリ
3 ブレンドン・ハートレー トロロッソ 324.3 ホンダ
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 323.3 メルセデス
5 ロマン・グロージャン ハース 323.3 フェラーリ
6 カルロス・サインツ ルノー 322.3 ルノー
7 シャルル・ルクレール ザウバー 322.3 フェラーリ
8 ルイス・ハミルトン メルセデス 320.4 メルセデス
9 キミ・ライコネン フェラーリ 320.4 フェラーリ
10 ランス・ストロール ウィリアムズ 319.5 メルセデス
11 ダニエル・リカルド レッドブル 317.6 ルノー
12 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 317.6 ルノー
13 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 312.1 ルノー
14 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 300.0 メルセデス

F1プレシーズンテスト4日目順位結果