2020年F1開幕8レース分のコンパウンド選択

ピレリ、開幕8戦分のコンパウンドを発表…英国での2連戦は別チョイス

  • Published: Updated:

F1公式タイヤサプライヤーを務めるピレリは6月11日(木)、オーストリア、ハンガリー、イギリス、スペイン、ベルギー、そしてイタリアから成る2020年シーズンのF1開幕8レース分のコンパウンドを発表した。

今シーズンも各グランプリ毎に、コース特性などに合わせて全5種類のコンパウンドの中から3種類が持ち込まれる。C1が最も硬く、C5が最も柔らかい。各ドライバーには週末毎に合計13セットが用意される。※ 下記表の表記は…H:ハード、M:ミディアム、S:ソフト。

グランプリ C1 C2 C3 C4 C5
オーストリア
7月5日
H M S
オーストリア
7月12日
H M S
ハンガリー
7月19日
H M S
イギリス
8月2日
H M S
イギリス
8月9日
H M S
スペイン
8月16日
H M S
ベルギー
8月30日
H M S
イタリア
9月6日
H M S

注目は英国シルバーストーン・サーキットで開催される8月2日の”イギリスGP”と8月9日の”70周年記念GP”だ。同じ会場であるにも関わらず、イギリスGPではC1~C3の硬めのコンパウンドが持ち込まれ、第2イベントとして開催される70周年記念GPではC2~C4の中間コンパウンドが用意される。

なお同じくダブルヘッダーとしてレッドブル・リンクでの開催が予定されている7月5日のオーストリアGP及び、7月12日のシュタイヤーマルクGPに関してはC2~C4の同一選択となる。

オーストリア、ハンガリー、そしてイタリアでの各レースが昨シーズンと同一コンパウンドである一方、ベルギーGPの割当は昨年のC1~C3からC2~C4へと変更されている。

ピレリのカーレース部門を率いるマリオ・イゾラは今回のコンパウンド選択について「例年通り、各サーキットの特性に最も適したものが選ばれている。興味深いレース戦略をもたらしてくれるはずだ」と語った。

2020年F1開幕8レース分のコンパウンド選択