レッドブルRB14、2018年F1カナダGP初日フリー走行にてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

レッドブル・ホンダ、来春のモースポフェス鈴鹿でF1デモ走行を披露

  • 最終更新:

2019年3月2日(土)・3日(日)に三重県鈴鹿サーキットで開催される「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」で、ホンダが2019年からF1パワーユニットを供給するアストンマーチン・レッドブル・レーシング(Aston Martin Red Bull Racing)のF1マシンのデモ走行が決定した。

残念ながら2019年型の「RB15」ではないものの、2019シーズンの新しいカラーリングが施されたレッドブルのマシンが鈴鹿に持ち込まれ、TOYOTA GAZOO RacingのWEC世界耐久選手権LMP1マシン「TS050 HYBRID」や、2018年のWRC世界ラリー選手権のチャンピオンカー「ヤリスWRC」、佐藤琢磨が2017年の第101回インディアナポリス500マイルレースを制したAndretti Autosportの「Dallara DW12」等と共に、鈴鹿サーキットを駆け抜ける。

「モースポフェス」は、トヨタ自動車株式会社と本田技研工業株式会社、鈴鹿を運営する株式会社モビリティランドが共同開催するイベント。メーカーの垣根を越えて様々なモータースポーツの魅力を伝えようとの趣旨のもとに開催される。

鈴鹿サーキットの公式サイト内からダウンロード出来る特別招待券を利用すれば、入園料は無料。なお、豪華な特典のついたVIPスイート・プレミアムをはじめとする「プレミアムエリアチケット」が1月6日(日)より公式オンラインショップで発売される予定となっている。

  • イベント: モースポフェス 2019 SUZUKA
  • 開催日程: 2019年3月2日(土)・3日(日)
  • 開催場所: 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)