モンテカルロのバナーを背景にF1モナコGP決勝レースを走るレッドブル・ホンダRB15copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ハミルトン優勝、ホンダ勢 32年ぶりに4台入賞の快挙達成 / F1モナコGP《決勝》結果とダイジェスト

  • 最終更新:

2019シーズンFIA F1世界選手権 第6戦モナコGP決勝レースが5月26日に行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウイン。キャリア通算77勝目、モナコ通算3勝目を上げて、先日70歳で他界したニキ・ラウダに勝利を捧げた。

トップチェッカーを見届けたトト・ウォルフ代表は「ルイス、ニキに捧げるに相応しい見事な勝利だった。本当に良くやった。信じがたい程の仕事ぶりだ。おめでとう!」と、無線で祝福の言葉を伝えた。

2019年F1モナコGPでトップチェッカーを受けるメルセデスAMGのルイス・ハミルトン
© MercedesAMGF1 ニキ・ラウダへのオマージュとして、メルセデスは赤色のハロを装着してレースに臨んだ

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位でチェッカーを受けるも、5秒ペナルティーのために最終4位という結果に終わった。タイヤ交換を終えてピットアウトした際、バルテリ・ボッタスと横並びになり接触。これが審議の対象となりアンセーフリリースの裁定が下った。

2位はスクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテル。3位表彰台にはバルテリ・ボッタスが滑り込んだ。予選2番手のボッタスは、ピットストップ直後に他車と接触した際にタイヤがパンクし、2度のストップを強いられたためにポジションダウン。シルバーアローの6戦連続1-2は叶わなかった。

ホンダエンジン勢は、ピエール・ガスリーが5位、ダニール・クビアトが7位、アレックス・アルボンが8位フィニッシュを果たし、全4台が入賞を果たした。レッドブルは、レース最終盤にガスリーをピットインさせ、新品ソフトに交換。72周目に1分14秒729のファステストラップを刻み、選手権ボーナスポイントを獲得した。

ホンダ勢4台がトップ10入りしたのは1991年以来初めて。また、4台揃っての”クアドラプル”入賞を果たしたのは、ナイジェル・マンセル、ネルソン・ピケ、アイルトン・セナ、中嶋悟が、1位から4位までを独占した1987年のイギリスGP以来32年ぶりの事であった。

2019年F1モナコGP決勝スタート直後のターン1
© Getty Images / Red Bull Content Pool、決勝スタート直後のターン1

フェルスタッペンは5秒ペナルティが確定して以降、タイヤケアのために低速で走行していたラップリーダーのハミルトンを50周近くに渡って強襲。果敢にオーバーテイクを仕掛ける場面もあったが、ここは抜けないモンテカルロ。頭を塞がれたことで後続とのギャップが築けず、タイム加算で順位を失った。だが世界中のファンはその姿を高く評価。ドライバー・オブ・ザ・デイに輝いた。

前戦スペインGPから2週間後に行われた第6戦の舞台は、ドライバーズサーキットの呼び超え高い伝統のモンテカルロ市街地コース。決勝は、日本時間26日(日)22時10分にブラックアウトを迎え、1周3340mのコースを78周する事で争われた。

レース前には全20名のドライバー達が赤色のキャップを被り、ニキ・ラウダのトリビュートヘルメットの周りを囲んで1分間の黙祷。20日に死去した3度のF1ワールドチャンピオンへの追悼の意を表した。

亡きニキ・ラウダへの追悼の意を込めて赤色の帽子をかぶった20名のF1ドライバー、2019年F1モナコGP決勝にて

チャンピオンシップポイントを争う決勝のフォーメーションラップは気温22.5℃、路面35℃、湿度52.1%のドライコンディションで開始。途中小雨が降る場面があったものの、ウェットになる事はなくチェッカーフラッグを迎えた。

地元モナコ出身のシャルル・ルクレールは、1周目にポジションを2つ上げ13番手に浮上。9周目にはロマン・グロージャン(Haas)を強引に抜き去り、巻き返しに向けて好スタートを切ったが、10周目にニコ・ヒュルケンベルグ(Renault)にオーバーテイクを仕掛けた際に接触。無理な追い抜きがたたり、タイヤをパンクさせてしまった。

バーストしたタイヤのトレッドでフロアは破損。コース上に大量のデブリが飛散したためイエローフラッグが振られ、11周目にセーフティカーが出動した。最後尾に転落したルクレールはハードタイヤに交換するも、クルマへのダメージが酷く、18周目にリタイヤを選択した。

順位とタイム

Pos No Driver Team Laps Time PTS
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 78 1:43:28.437 25
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 78 +2.602s 18
3 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 78 +3.162s 15
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 78 +5.537s 12
5 10 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 78 +9.946s 11
6 55 カルロス・サインツ マクラーレン・ルノー 78 +53.454s 8
7 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 78 +54.574s 6
8 23 アレックス・アルボン トロロッソ・ホンダ 78 +55.200s 4
9 3 ダニエル・リカルド ルノー 78 +60.894s 2
10 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 78 +61.034s 1
11 4 ランド・ノリス マクラーレン・ルノー 78 +66.801s 0
12 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 77 +1 lap 0
13 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 77 +1 lap 0
14 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 77 +1 lap 0
15 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 77 +1 lap 0
16 18 ランス・ストロール レーシングポイント 77 +1 lap 0
17 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 77 +1 lap 0
18 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ・メルセデス 77 +1 lap 0
19 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 76 +2 laps 0
NC 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 16 DNF 0

コンディション

天気
晴れ
気温
23℃
路面温度
35℃
周回数
78

レース概要

グランプリ名
F1モナコGP
レース種別
決勝
レース開始日時

サーキット

名称
モンテカルロ市街地コース
設立
1929年
全長
3340m
コーナー数
18
周回方向
時計回り

F1モナコGP特集