モンテカルロ市街地コースのヌーベルシケインを走行するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年5月20日F1モナコGPフリー走行1
Courtesy Of Red Bull Content Pool

ホンダ、最速含むトップ4に3台!角田裕毅も上位10台に…母国ルクレールは受難4周 / F1モナコGP《FP1》結果とダイジェスト

  • Published: Updated:

2021年F1世界選手権第5戦モナコGPが5月20日にモンテカルロ市街地コースで開幕を迎え、日本時間18時30分から木曜1回目のフリー走行が行われた。トップ4に3台のホンダエンジン勢が並んだ。

昨年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で中止を強いられ、2年ぶりの開催となったモンテカルロでの一発目のセッションを制したのはセルジオ・ペレスだった。

週末を前に優勝争いへの期待を口にしていたペレスは、ソフトタイヤを装着したレッドブル・ホンダRB16Bを駆り1分12秒487をマーク。今シーズンとしては初めてタイムシートのトップに立った。

2番手はフェラーリのカルロス・サインツ。ペレスにはコンマ1秒届かなかったが、ミディアムタイヤでの計測だった。右フロントをガードレールに接触させ、一旦ガレージ内でメカニックによる確認作業を受ける場面もあったが、大きな問題はなく32周を重ねた。

母国レースを迎えたチームメイトのシャルル・ルクレールは「4速がおかしい」と無線で訴え、走行僅か4周でオープニング・セッションを終える事となった。チームはSF21にギアボックストラブルが発生した事を明らかにした。

3番手には、サインツに対して0.042秒遅れのマックス・フェルスタッペンが続く結果となった。フェルスタッペンはセッティング変更が気に入らなかったようでダウンシフトに不満をぶつけ、元に戻すよう無線で訴えていた。

アルファタウリ勢は、2019年の前回大会でファステストラップを刻んだピエール・ガスリーが4番手タイムをマーク。20名の中で唯一、モンテカルロでの走行経験がない新人角田裕毅は、まずハードタイヤを履いて18周を重ねた後ソフトに交換。計39周と充実のマイレージを稼ぎ、チームメイトから0.817秒落ちの9番手でヘルメットを脱いだ。

モンテカルロ市街地コースのロウズ・ヘアピン、2021年5月19日F1モナコGPにてCourtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

モンテカルロ市街地コースのロウズ・ヘアピン、2021年5月19日F1モナコGPにて

木曜午前の現地モナコは晴天に恵まれ、セッションは気温19.9℃、路面温度38.2℃のドライコンディションでスタートした。公式タイヤサプライヤーのピレリは最も柔らかいレンジのC3からC5までの3種類のコンパウンドを持ち込んだ。

最初にモンテカルロの洗礼を受けたのは2度のF1ワールドチャンピオンだった。アルピーヌA521を駆るフェルナンド・アロンソは最終コーナーで曲がり切れずバリアに突っ込み、フロント左側のウイングを破損。デブリ回収のためにバーチャル・セーフティーカー(VSC)が導入された。

このアクシデントの影響でアロンソは10分ほどを失ったが、トータル37周を積み重ねて12番手アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)に0.099秒と迫る13番手でクルマを降りた。チームメイトのエステバン・オコンは16番手だった。

マクラーレンはモータースポーツ史上最も象徴的な配色の一つである淡いブルーとオレンジのガルフカラーに彩られたMCL35Mを持ち込んだ。FP1をテストセッションと位置づけたウォーキングのチームは2台にハードとミディアムを投じ、直前に複数年での契約延長を勝ち取ったランド・ノリスが7番手、ダニエル・リカルドが15番手に付けた。

通算750戦目を迎えるウィリアムズはソフトタイヤを中心に走り込んだ。ニコラス・ラティフィは14番手、ジョージ・ラッセルは19番手タイムをマークした。

アルファロメオのキミ・ライコネンはサン・デボーテ(ターン1)に向けてタイヤをロックアップさせた。フラットスポットを作った事でミディアムタイヤは10周でお役御免となったものの、10番手タイムでセッションを終えた。

2021年F1第5戦モナコグランプリ2回目のフリー走行は、日本時間5月20日(木)22時から1時間の日程で開催される。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:12.487 36
2 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:12.606 +0.119 32
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:12.648 +0.161 39
4 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:12.929 +0.442 37
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:12.995 +0.508 34
6 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:13.131 +0.644 36
7 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:13.236 +0.749 31
8 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:13.732 +1.245 33
9 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:13.746 +1.259 39
10 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:14.081 +1.594 31
11 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:14.090 +1.603 33
12 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:14.106 +1.619 27
13 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:14.205 +1.718 37
14 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:14.268 +1.781 41
15 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:14.281 +1.794 36
16 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:14.320 +1.833 37
17 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:14.616 +2.129 33
18 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:14.801 +2.314 35
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:14.840 +2.353 35
20 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:19.618 +7.131 4

コンディション

天気
晴れ
気温
19.9℃
路面温度
38.2℃

セッション概要

グランプリ名
F1モナコGP
セッション種別
フリー走行1
セッション開始日時

サーキット

名称
モンテカルロ市街地コース
設立
1929年
全長
3340m
コーナー数
18
周回方向
時計回り

F1モナコGP特集