険しい表情のホンダF1の現場統括責任者を務める田辺豊治テクニカル・ディレクター、F1バーレーンGP土曜copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

ホンダF1、上位を独占「レッドブル、トロロッソ共に良いスタートが切れた」F1モナコGP《初日》

  • 最終更新:

ホンダF1の現場統括責任者を務める田辺豊治テクニカル・ディレクターは、5月23日(金)に行われたF1第6戦モナコGP初日プラクティスを振り返り、伝統の一戦に向けて幸先の良いスタートが切れたとの認識を示した。

午前のFP1では、レッドブルのフェルスタッペンが2番手タイムを記録。メルセデスに対する苦戦を予想しながらも、ファステストを刻んだルイス・ハミルトンに1000分の59秒と迫り、1000分の13秒差で3番手バルテリ・ボッタスを退けた。

ところが、午後のFP2ではセッション序盤に10周を走った後ガレージイン。トラック上に落ちていたデブリによってラジエーターが破損し、冷却水が漏れるアクシデントに見舞われ、その後のセッションの大半をガレージ内で過ごす事となった。

コースに復帰したのは終了20分前。ロングランを行うライバル車のトラフィックのために、ロングランはおろか、真っ当な予選シミュレーションすら行えないままに6番手でチェッカーを受けた。

不運に見舞われたフェルスタッペンを横目に、午後のFP2ではピエール・ガスリーは4番手、トロロッソの新人アレックス・アルボンが5番手につけ、タイムシート上位にホンダエンジン勢が3台連続で並んだ。

  • 4位:ピエール・ガスリー(Red Bull)
  • 5位:アレックス・アルボン(Toro Rosso)
  • 6位:マックス・フェルスタッペン(Red Bull)
  • 14位:ダニール・クビアト(Toro Rosso)

ホンダ:F1モナコGP初日を終えて

田辺 豊治ホンダF1現場責任者

今日は通常の金曜日のセッションと同じように、サーキットにあわせた最適化を進めました。パワーユニット側としては順調な一日になったと思います。FP2でマックスがトラブルにより走行時間を失ってしまった点は残念ですが、それ以外は大きなトラブルもなく、4台ともが無事にセッションを終えました。トロロッソ、レッドブル共に良いスタートが切れたのではないかと感じています。

明日金曜はモナコの伝統通り、セッションのない一日となります。分析のための時間が十分にありますので、土曜の予選に向けて万全の準備を進めていきたいと思います。


初日をトップで締め括ったのはメルセデスのルイス・ハミルトン。2番手にはバルテリ・ボッタスが続き、6戦連続1-2フィニッシュに向けて盤石な仕上がりをみせた。

F1モナコグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間5月25日(土)19時から20時まで、公式予選は同22時から1時間に渡ってモンテカルロ市街地コースで開催される。

F1モナコGP特集