F1モナコGP練習セッション中にガレージ内でクリスチャン・ホーナーらと談笑するレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

4番手ガスリー、マシンの改善に手応え十分「フェラーリとは戦える」F1モナコGP《初日》

  • 最終更新:

F1第6戦モナコGP初日プラクティスを4番手で締め括ったレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、今週末はフェラーリと争えるだけの速さがあると主張。闘志をみなぎらせている。

別リーグのメルセデスを除くモンテカルロでのトップ争いは拮抗。ガスリーは3番手スクーデリア・フェラーリのセバスチャン・ベッテルに1000分の57秒に迫るパフォーマンスを示した。

マシンの改善に手応え十分「フェラーリとは戦える」

ピエール・ガスリーFP1: 6位, FP2: 4位

良い一日だったし、僕としてはかなり満足してる。FP1では少し苦戦してしまったけど、FP2に向けてセットアップを変更した事で、クルマの感触とロングランのパフォーマンスを改善させる事ができた。予想していた通り、メルセデスがあまりにも速く、かなり離されてしまっているけど、フェラーリとは戦える位置にいるはずだ。

もし土曜日に雨が降れば、全員にチャンスが訪れるわけだけど、レッドブルは毎年モナコで強さを発揮するチームだから、僕らのほうが得るものは大きいだろうね。まだ改善の余地はあるし、やるべき事は残っている。モナコでは予選が全てだから、良いグリッドを獲得するために、出来る限りの努力をするつもりだ。


初日をトップで締め括ったのはメルセデスのルイス・ハミルトン。2番手にはバルテリ・ボッタスが続き、6戦連続1-2フィニッシュに向けて盤石な仕上がりをみせた。

F1モナコグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間5月25日(土)19時から20時まで、公式予選は同22時から1時間に渡ってモンテカルロ市街地コースで開催される。

F1モナコGP特集