F1マレーシアGP《FP3》結果とダイジェスト / ライコネンが最速、フェラーリ1-2体制も 2番手ベッテルにトラブルcopyright ScuderiaFerrari

F1マレーシアGP《FP3》結果とダイジェスト / ライコネンが最速、フェラーリ1-2体制も 2番手ベッテルにトラブル

  • 公開日時:

2017年のF1マレーシアGP3回目のフリー走行は、レースシミュレーションに最適な決勝と同じ時間にスタートした。上空には厚い雲が垂れ込めていたがコース上には日差しが差し、気温32℃、路面温度は47℃と、今週末でもっとも暑いドライコンディションとなった。

最速を記録したのはフェラーリのキミ・ライコネン、1分31秒880をマークした、2番手には0.162秒遅れでセバスチャン・ベッテル、FP2に引き続きフェラーリがタイムシート最上部を占めた。とは言え、ベッテルは残り4分のところで突然失速、バックストレートを2速で走りそのままピットに向かった。何らかのトラブルが疑われる。

3番手には好調レッドブルのダニエル・リカルド、ベッテルとのギャップを0.211秒に抑え肉薄した。リカルドは、決勝を見据えソフトタイヤでのロングランに集中した。マックス・フェルスタッペンは6番手、終盤にルノーのジョリオン・パーマーと接触、リアウイング左側を破損した。パーマーは17番手、タイヤをパンクさせた。

2017年F1マレーシアGPフリー走行3順位結果表
©F1

金曜に苦しんだメルセデスAMGは、4番手にバルテリ・ボッタス、5番手にルイス・ハミルトンと、変わらずフェラーリとの差は大きいままとなった。チームはマシン毎にセットアップ分け、そのパフォーマンスを評価した。ボッタスは今週末投入した新しい空力パーツを継続、ハミルトンはシルバーストーンで使用していた旧バージョンのエアロにロールバックした。

フェルナンド・アロンソは11番手、最終2コーナーで珍しくマシンをスピンさせた。幸いにもマシンにダメージを負うような事はなかったが、ストフェル・バンドーンが10番手となり後塵を拝した。7番手セルジオ・ペレスから12番手のランス・ストロールまではコンマ3秒、マクラーレン・ホンダは予選での大接戦に備える。

13番手のケビン・マグヌッセンは、パワーユニットに問題を抱え途中でガレージに引っ込んだ。苦戦予想のトロ・ロッソ勢は、カルロス・サインツが15番手、デビュー戦のピエール・ガスリーが16番手と後方に沈んだ。

フリー走行3順位とタイム

各ドライバー毎の順位とラップタイムは以下の通り。

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 7 キミ・ライコネン フェラーリ 1:31.880 19
2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:32.042 +0.162 14
3 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 1:32.091 +0.211 16
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:32.329 +0.449 24
5 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:32.539 +0.659 20
6 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 1:32.579 +0.699 17
7 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 1:33.209 +1.329 20
8 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 1:33.240 +1.360 20
9 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 1:33.290 +1.410 21
10 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 1:33.321 +1.441 16
11 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1:33.530 +1.650 17
12 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 1:33.538 +1.658 21
13 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 1:33.787 +1.907 10
14 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:33.871 +1.991 14
15 55 カルロス・サインツ トロロッソ 1:33.924 +2.044 22
16 10 ピエール・ガスリー トロロッソ 1:34.206 +2.326 24
17 30 ジョリオン・パーマー ルノー 1:34.475 +2.595 12
18 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 1:34.914 +3.034 19
19 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 1:34.936 +3.056 19
20 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー・フェラーリ 1:35.045 +3.165 19

F1マレーシアGP特集