F1日本GP《決勝》結果とダイジェスト / ハミルトン優勝!ベッテル無念のリタイヤ…選手権争いは絶望copyright F1

F1日本GP《決勝》結果とダイジェスト / ハミルトン優勝!ベッテル無念のリタイヤ…選手権争いは絶望

  • 公開日時:

昨日までの天候が嘘かの如く、8日日曜の三重県鈴鹿市は雲一つない快晴に恵まれた。気温は26℃、路面温度は43℃と、週末を通して最も暖かいコンディションとなった。

1周5,807mの鈴鹿サーキットを53周で争った2017年のF1日本GP、優勝を果たしたのはメルセデスAMGのルイス・ハミルトン、ポール・トゥ・ウィンを飾った。フロントローからの逆転を狙ったフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、マシントラブルで無念のリタイヤとなった。両者のポイント差は59に拡大、ベッテルの逆転チャンピオンの可能性は限りなくゼロに近づいた。自らの責によらない事由によってリタイヤしたベッテルは、チームを擁護した。

「批判されるのも仕事の内だけど、僕はチームを守らなきゃならない。みんなはこれまで素晴らしい仕事をしてきた。残り4レースで全力を尽くすよ」

スタート前のグリッド上でエンジンカバーを外していたベッテル、レース開始後は全くペースが上がらず1周目だけで6番手にまでポジションを落とし、その翌周にリタイヤした。原因はスパークプラグの物理的な故障と発表された。

表彰台インタビューは佐藤琢磨、インディ500勝者の質問に勝者ハミルトンは「これほどのまでのギャップが築けるなんて理想的だよ!」とコメントした。

2位につけたのはマレーシアの勝者マックス・フェルスタッペン、3位にダニエル・リカルドが食い込んだ。レッドブルは二人のドライバーが表彰台に上る大活躍をみせた。リカルドにとっては初の鈴鹿表彰台、大好きなコースで念願のポディウムに笑顔が絶えなかった。ハミルトンの僚友バルテリ・ボッタスは4位、1周目に大きくポジションを落としたキミ・ライコネンは5位まで挽回した。

鈴鹿での最後のホームレースとなったマクラーレン・ホンダ勢は、最後尾スタートのフェルナンド・アロンソがコンマ数秒のところで入賞を逃し11番手に終わった。9番グリッドスタートのストフェル・バンドーンは、ライコネン同様オープニングラップで順位を落とし、終始下位に停滞、14番手に沈んだ。

2017年F1日本GP決勝順位結果表
©F1

全20台中5台がリタイヤ、完走したのは15台のみの厳しいレースとなった。

カルロス・サインツはオープニングラップのS字でコースオフ、トロ・ロッソでのラストランを最悪の形で締め括った。これを受けて2周目に黄旗が振られセーフティーカーが出動した。

8周目、マーカス・エリクソンがデグナー2個目で曲がりきれず、タイヤバリアに突っ込んだ。コース上にはVSCがコールされ、10周を終えない内に3台がリタイヤを喫した。

ニコ・ヒュルケンベルグは、レース終盤にポイント圏内まで後1つの11番手を走っていたが、DRSが閉じないトラブルに見舞われガレージイン。修復を試みるも無念のリタイヤとなった。

自腹を切って鈴鹿を貸し切りプライベートテストを実施していたランス・ストロールだが、48周目にS字進入時に右フロントのホイールが壊れ、グラベルに突っ込んだ。2度目のヴァーチャル・セーフティーカーが出動した。

日本GPを以てルノーから放出されるジョリオン・パーマーは12位、最後のレースを入賞で飾ることは出来なかった。

決勝順位とタイム

各ドライバー毎の順位とラップタイムは以下の通り。

Pos No Driver Team Laps Time Pts
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 53 1:27:31.194 25
2 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・タグホイヤー 53 +1.211 18
3 3 ダニエル・リカルド レッドブル・タグホイヤー 53 +9.679 15
4 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 53 +10.580 12
5 7 キミ・ライコネン フェラーリ 53 +32.622 10
6 31 エステバン・オコン フォースインディア・メルセデス 53 +67.788 8
7 11 セルジオ・ペレス フォースインディア・メルセデス 53 +71.424 6
8 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 53 +88.953 4
9 8 ロマン・グロージャン ハース・フェラーリ 53 +89.883 2
10 19 フェリペ・マッサ ウィリアムズ・メルセデス 52 +1 lap 1
11 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 52 +1 lap 0
12 30 ジョリオン・パーマー ルノー 52 +1 lap 0
13 10 ピエール・ガスリー トロロッソ 52 +1 lap 0
14 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 52 +1 lap 0
15 94 パスカル・ウェーレイン ザウバー・フェラーリ 51 +2 laps 0
NC 18 ランス・ストロール ウィリアムズ・メルセデス 45 DNF 0
NC 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 40 DNF 0
NC 9 マーカス・エリクソン ザウバー・フェラーリ 7 DNF 0
NC 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 4 DNF 0
NC 55 カルロス・サインツ トロロッソ 0 DNF 0

F1日本GP特集